A4野菜
なんとA4サイズの容器のなか、おいしそうなパセリが山ほど育っています!
「A4サイズのスペースがあれば、1年間、野菜を食べていくことができます」と聞けば、誰もがビックリしますよね? そもそも“A4”と“野菜”の異業種的な組み合わせが面白すぎます。とにかくそんな狭いスペースで四季おりおりのオーガニック野菜が採れちゃうなんて、いったいどういうこと???

そんなワクワクするような講義を教えてもらえるのは、日常生活に役立つ楽しい講座がたくさん開講されている自由大学のなかでも人気の授業のひとつ「100%オーガニックフードを自分で育てる」です。自宅にガーデニング用の大きな庭なんてなくたってもちろんOK、安全な食べ物を食べたい人なら誰でも参加できるレッスンに早速、潜入してみましょう!

オーガニックは一過性のブームではなく、哲学です!

ジョン・ムーア氏
「ファストフードを食べたことがありますか?」という質問にも「1度だけね」と笑顔で答えてくれたジョンさん。大らかな人柄が素敵なんです
「今はオーガニックがブームのようだけど、ちょっと違うよね。本来のオーガニックの意味って、その人がどんな人生を生きていくかを考える“哲学”だと思わない?」と語るのは教授のジョン・ムーア氏。ジョンさんは、子どもの頃から自給自足の生活をしてきたと言うだけあって、オシャレ感を重視したオーガニック愛好者とは一線を画しています。

ところで、毎日、口にするものを意識して考えることが、人を変え、自分を育てることになるという「オーガニック=哲学論」を唱えるジョンさんを、てっきり農家の人だと思っていた私。経歴を聞いて驚きました。だって、カンヌ国際広告賞を受賞していたり、世界で初めてフリースをウェアにしたアウトドアの有名ブランド「パタゴニア」の元日本支社長だったりと、業界では泣く子も黙る有名人。目の前で「うーん、いい匂いがする♪」と土をかじっている男性と同一人物だとは思えません(笑)!