「マンダリンオリエンタル東京」
直営レストラン全店がミシュランの★付き

ミシュランガイド東京2009
今年もミシュランガイド東京2009が発売。いろいろ言われるが、星付きレストランが優れていることは事実
『ミシュランガイド東京2009』が発表された。昨年と比べると話題性についてはやや欠けるが、明るい話題が少ない今の日本では数少ない明るいトピックス。

昨年の2008バージョンはいろいろと物議をかもした。最初は何でもそうだがスタンダードが発行者と読者の共通認識にまだなっていないわけだからしょうがない。こうした人間が評価するものは、幾らか偏りがあったりするから面白い、これはガイドの解釈。

レストラン関係では3つ星、2つ星、1つ星それぞれに多少の変化があったが、サプライズはゼロという印象。相変わらず寿司店が高い評価を得ているのがいかにも東京版という感じか。NY版ではジャパニーズレストランや日系レストランへの風当たりが強く、評価を落としているのとは好対照。

では、『ミシュランガイド東京2009』で最もガイドが注目したのは。「マンダリンオリエンタル東京」。既にこのコラムでも何回かガイドのお気に入りホテルとして紹介しているが、今回のミシュランではまさにベストホテルの評価が。

まずトピックスの最初は、館内のホテル直営レストラン3店がすべて「一つ星」に選ばれるという快挙! これって実は大変に素晴らしいこと。館内の1店がミシュランの星をもらうというケースは多々あるが、3店全部がミシュランの星を取得するというケースは世界的に見ても初めてらしい。

マンダリンオリエンタル東京の★付きレストラン

ここで、その3店を改めて紹介しておこう。

◆フレンチインスパイアダイニング「シグネチャー」
マンダリンオリエンタル東京 シグネチャー
眼下に広がる絶景も美味な「シグネチャー」
37階に位置する同ホテルのメインダイニング。正当なフランス料理を南フランス出身のオリヴィエ・ロドリゲス料理長が大胆かつ繊細にモダンフレンチにアレンジしている。インテリア、雰囲気、料理、サービス、そのどれもがインターナショナルグレードのレストランだけに、是非“勝負レストラン”として利用したい。加茂文彦シェフソムリエの演出による「キュイジーヌとワインの珠玉のマリアージュ」は素晴らしいアイディアで、30代以上のカップルにはお奨めのコース。

◆広東料理「センス」
マンダリンオリエンタル東京 センス
文字通りセンスのよい洗練された「センス」
度々ガイドの推薦レストランで登場している都内でもトップ3には入るお気に入りレストラン。香港伝統の広東料理をスタイリッシュなインテリアにマッチした目にも美しいプレゼンテーションでサービスしてくれる。季節ごとの特選メニュー素材は、高瀬健一料理長自らが香港に足を運んで厳選しているという。豊富な中国茶と広東スイーツをラインナップした「センスティーコーナー」もリーズナブルな料金で楽しめるスポット。

◆「タパスモラキュラーバー」
マンダリンオリエンタル東京 タパスモラキュラーバー
ラグジュアリーな空間の「タパスモラキュラーバー」
ホテル最上階の38階「オリエンタルラウンジ」のなかにあるダイニングスペース。開業以来、この店のパブリシティは群を抜いており、それだけ常に話題を集めている店という証明。20皿以上の一口サイズのキュイジーヌはまるで魔法の世界。1回7席の限定で、一晩に2回、つまり14名だけの至福の世界。寿司バーのようなカウンターでパフォーマンスを見せてくれるのはジェフ・ラムジー料理長。陽気なアメリカン。

どうだろう、素晴らしい3店の個性である。レストランと一口に言ってもバリエーションがあって、ホテル内レストランは様々な施設上の限定条件があるだけに、なかなか個性を発揮するのが難しいと思うが、ここだけは別世界。エイジマーケティングの観点から言っても、20代~シニア層まで本物の世界に触れられる機会ともなるはずだ。

来年は二つ星まで十分期待される3店だ。

次のページでは「マンダリンオリエンタル東京」ホテル自体のランキングについて紹介。