東山蹴上の丘の上に位置する「ウェスティン都ホテル京都」。京都駅から離れているのが難点ですが、東山の山々や南禅寺など自然豊かな風景に囲まれ、観光目的にもってこいの静かな環境。

プラスアルファのサービスを受けられるエグゼクティブクラブもあり、2002年に改装されたその客室にヘブンリーベッドが完備してあるのも魅力です。

この「ウェスティン都ホテル京都」のエグゼクティブクラブに夫婦二人で泊まって感じた、心から癒された5つの魅力をご報告したいと思います。


京都駅八条口1階近鉄改札付近にある「サテライトコンシェルジュ」。

京都駅で荷物を預け、送迎バスで京都観光

「ウェスティン都ホテル京都」での宿泊は京都駅から始まります。新幹線に便利な京都駅八条口。その1階近鉄改札付近に「サテライトコンシェルジュ」があり、荷物を預けることができます。(営業は9:00~18:00)

もちろん帰りは、ホテルで荷物を預け観光をした後、京都駅のサテライトコンシェルジュで荷物を受け取ることもでき便利。

また、そのサテライトコンシェルジュの前からはホテルの送迎バス(9:00~18:30に30分間隔)が出ていて、ホテルまでの約20分間鴨川沿いや祇園の京都の風景が流れます。この20分間で京都に来たことを強く実感。



エグゼクティブクラブラウンジから見る京都の街並みや東山などの山々。

つい見入ってしまう京都市内一望の眺め

ホテルに入ると吹き抜けの開放感あるロビーがあり中心に水の流れる大きなオブジェ。和と洋が合わさったモダンな雰囲気です。エグゼクティブクラブでの宿泊の場合、すぐに11階のラウンジへ案内されます。

「おぉ!」と声をあげてしまう、エグゼクティブクラブラウンジからの京都の街並みや東山などの山々が広がるすばらしい眺め。チェックインを忘れすっかり見入ってしまいました。ちなみに、チェックインはソファーに座りながら。

また10階にもエグゼクティブクラブ専用ラウンジがあり、コーヒー、紅茶、カクテル、朝食などのサービスを無料でいただくことができます。

特に、17:30~19:30のイブニングカクテルタイムには、各種カクテルはじめ、ワインやビール、日本酒、もちろんソフトドリンクも揃い、京都の夜景を眺めながら会話も弾みます。オードブルも美味で、スモークサーモンのサラダがおすすめ!

また、6:30~10:00の朝食タイムはブッフェスタイルながらメニューは充実。サラダに始まり、クロワッサン・デニッシュ・トーストなどのパンは11種類、コーンフレーク各種、マンゴー、アップル、オレンジなどのフレッシュジュース5種に牛乳。卵料理はスクランブルエッグで、付け合せにベーコン、ウィンナー。フルーツも、パイン・オレンジ・グレープフルーツが揃い、ヨーグルト、フルーツパンチも。

まぶしい朝の京都を一望しながらの朝食は、早起きしても逃したくない素敵な時間。食後も、ポットで運ばれてくるコーヒーまたは紅茶で景色を楽しみながら……

そのほか、この景色が楽しめる場所として、9階の屋上サンデッキと、8階上の重い扉を開け秘密基地にでも向かうかのような古い階段を登ってたどり着く展望室。ホテルを探検しながら見つけてみてください。

⇒次のページでは、ヘブンリーベッドや京都市文化財に指定されている庭園などを紹介。