「ハワイで病気やケガをしたらどうしたらいいんでしょう?」 ガイドのところにも時折いただくのがこんな質問。でもご心配なく。日本から年間100万人以上も訪れる場所なので、日本語で診察や治療を受けれられる医療施設がちゃんと存在します。今回は、そんな中からおすすめの1件、「ワイキキ緊急医療クリニック」をご紹介いたします。

ワイキキで唯一の日本人医師が経営する安心クリニック

ワイキキ緊急医療クリニック
ワイキキ内で唯一の日本人ドクター堀先生。頼りになります!
クリニック、と聞くととても簡易的な問診だけしかしてくれなさそうな印象ですが、こちらは本格的なレントゲン設備や治療室があって、ケガでも病気でも、安心してご利用いただけます。

場所は便利なバンク・オブ・ハワイ・ビル(旧ANAビル)。カラカウア通り沿いで、ルアース通り/ビーチウォーク通りにはさまれた場所にあるので、どなたでも簡単にアクセス可能。

日本語訳や日本語で診察を行うクリニックは他に2件ほどありますが、ワイキキの中心で日本人医師が常駐するのは一件のみ。とても貴重な存在です。

ワイキキ緊急医療クリニック
清潔でプライバシーが完全に保たれる個室の診察室だから安心です。
医師であり、またクリニックのオーナーでもある堀育史先生は、ハワイ在住がほぼ10年。アメリカで医学を学び経験を積んで、以前はカイザー病院が運営していた、このワイキキのクリニックに赴任。日本人で、しかもお医者さんの家庭に生まれ育ったという好条件も生かしながら、日本からの旅行者をケアしてきました。

カイザーが同事業から撤退するという時に経営権を引き継ぎ、今ではオーナードクターとして、年中無休で開業されているというわけです。

⇒ 次ページではさらに詳しくクリニックを見ていきましょう。