9.11事件後、ハワイ移住を決意

相楽晴子さんとご主人のゲーリー氏
テロ事件をきっかけにハワイ移住を決意した相楽晴子さんとご主人のゲイリー氏。
続けようと思えば、日本とロスを行ったり来たりしながら続けられないこともなかった女優業。が、幼少時、ひとりで家計を支えていた母がいつも家を留守にしていて、寂しい思いをした記憶が蘇り、生まれた娘には同じ思いをさせまいと固く決めた晴子さん。

「ティーンエイジャーになれば、嫌でも親から離れていきますよね。だからそれまでは、いつも側でベタベタしていようって決めたんです。」

自宅をベースにできるご主人のアシスタントという仕事は、子育てにも便利なものでした。が、2001年9月11日に起こった同時多発テロ事件は、ロサンゼルスの撮影関係者たちに暗い影を落としたのです。それまでは豊富にあった仕事もパタリとなくなり、つぶれる会社や、日本へ引き上げる知人たちなどが相次いだとか。

8年間住んだロスを後にすることを考え始めたヘインズ一家。ハワイに移ろうというのは、マウイに3年間住んだことのあるご主人のアイデアだったそうです。

「芸能界にいた頃は、芸能人がお正月に来るお決まりの場所というイメージが嫌いで、一度も来たことがなかったんです。でも、来もしないで反対するのも変だし、ということで下見に来たのですが、主人に導かれるまま訪れたオアフ島の西側、マカハの町へ行く道中、豊かな緑やコバルト・ブルーの海、大きな空を見せられたんですね。それでもう、私はすっかりハワイが好きになっていました。」

ヘインズ一家
ハワイに犬が飼える一軒家を見つけて移住。
実はご主人のゲイリー氏の横須賀の学校時代の同級生も、かなりハワイに住んでいたそうです。日本とアメリカの両方の文化の中で育った人々が暮らしやすい、おおらかな文化背景がハワイにはあるからかもしれません。

「ロスの娘の学校も、常にチェーンをかけて警備員が入場者をチェックしたりして、物騒な雰囲気だったんですが、ハワイの学校を見に行ったら、皆、とてものびのびとしていたんですよね。私自身、福島の自然がたっぷりある場所で生まれ育ったので、娘はぜひこの環境で育ててあげたいと思ったんです。」

テロ事件の後、めっきり減っていたご主人の仕事も、ハワイに来れば豊富にあることも分かり、住んでいたロスの家を売って、ハワイに移住することに決定。物価の高さに驚きつつ、カハラとハワイカイの中間に、愛犬が飼える賃貸の一軒家も見つけました。2003年末。新しい生活の始まりです。

アートやカメラ、クラフトなど芸術

相楽晴子作のプカシェル
ハワイ移住後、プカシェルやジュエリーなどを自らデザインしはじめた晴子さん
ハワイでの暮らしは、自然とともに生きる暮らし。どこにいても、子供の頃に福島で見ていたような大きな空が広がっていることに感動し、しばらくは空ばかり眺めていたそうです。デジカメで雲の写真を撮り始めると、徐々にアートとしての写真の魅力にはまっていった晴子さん。

「刻々と姿を変える自然の風景に魅了されて、シャッターをのぞく機会が増えていきました。画家だった母の才能を受け継いだのか、自ら俳優としてクリエイティブな環境に身を置いたせいなのか、どんどんアートの世界に興味を持ち始めたんですね。」

ビーチに行ってきれいな貝殻を見つけては、オリジナルの「プカシェル」を作ってみたり、ジュエリー・デザイン他、多種多様な作品の制作を始めました。ワイキキのお店でそれを自ら販売していたこともあるとか。

共通の知人を経由して、ガイドが運営する日本人向けのフリー情報誌『アロハストリート』でフォトエッセイを書くようになったのは、2004年の暮れから。それまでも、大好きだったバリ島のエッセイを旅行会社のサイト向けに書いたり、子育てについてのエッセイを雑誌に連載したりしたことはあったのですが、ハワイについて公の場で書くのはこれが初めてだったそうです。

相楽晴子フォトエッセイ in アロハストリート
現在ハワイ情報誌『アロハストリート』でフォトエッセイを連載中
「写真については本当に素人なんですが、撮りだめた写真から編集部の方と相談してテーマとなる一枚を決めて、フォトエッセイをまとめるというのは、楽しい作業でしたね。自分の写真が雑誌に大きく掲載されるのも嬉しかったです。おかげさまで、それをご覧になった方から、ハワイでの結婚式の写真を頼まれたりして、思わぬサイドビジネスとしての展開もありました(笑)。」

彼女が愛する自然のありのままの姿を映し出した写真の数々は、彼女とご主人が経営している撮影コーディネート会社「Gear-Man Pro, Hawaii(ギアマン・プロ・ハワイ)のホームページ上でご覧いただけます。

現在は時給8ドルでアルバイト中? 「夢は自給自足生活」という晴子さんの今後は? 次のページへ。