ハワイ金刀比羅神社
ここがハワイとはとても信じられない光景…?
1885(明治18)年1月に、日本とハワイの合意による第1回官約移民944人がハワイへ渡航。それから120年の月日が流れました。1900年当時には、日系人がハワイの人口の4割を占めたということで、現在のハワイにも、日本文化や食材、習慣といったものが、とても自然に受け継がれています。

戦後、どんどん西欧化されていった日本とは裏腹に、人から人へと受け継がれていったハワイの日系文化は、時に、現在の日本以上に日本らしいところもあったりして驚かされます。

日本が一番日本らしい素顔を見せるのがお正月。ここハワイも同様で、日系人家庭では、さまざまに新年を祝っています。

日系移民の歴史については、こちらの記事をご参照ください。
⇒ 「アロハカワラ版:ハワイ日系移民の歴史」

日系人のお正月料理

日系ファミリーの正月料理風景
お父さんも息子も一緒になって正月料理を作ります。
クリスマスが終わると、お正月の準備、というのは、ハワイの日系ファミリーも一緒の様子です。一般のスーパーにさえも、ミニチュア門松やしめ飾りなどが出回り、和食素材の大根、サトイモ、ハス、ごぼう、ミズナ、ねぎなどが野菜売り場の目立った場所に並べられます。ハワイのスーパーでは、このあたりの素材になると、Daikon、Hasu、Gobo、Mizunaなど、そのままの名前を英語としても使っています。

日系ファミリーでは、自動餅つき機を所有している家庭も多く、もち米を買って、自分の家でフレッシュなお餅を作るのです。当然のことながら、きな粉や小豆などもこの時期には売り出されます。

家庭によっても異なるでしょうが、何といっても日系ファミリーのお正月に欠かせないものの定番ナンバー1は、まぐろのお刺身。この辺は、なぜかハワイ独特の風習です。大晦日になると、鮮魚コーナーには人だかりができるほどで、数日前までとは値段が破格に上がるにもかかわらず、飛ぶように売れていくのです。ニュースでも、「今年の刺身の値段は…」ということが話題になるほど。

その他、煮しめ、天ぷら(主に海老)、かまぼこなども定番ですが、もちろんお雑煮も欠かせませんね。今回、写真を撮ってくれた日系3世と4世が暮らす家庭では、一家全員で元旦の朝から料理開始。メニューには鳥の丸焼きや、ハワイらしくマカロニサラダ、寿司の盛り合わせ(太巻きと稲荷)、そしてなぜか揚げワンタンなども加わっていました。お雑煮の中には、ミズナ、大根、ほうれん草、にんじんが入っている様子です。

もちろん甘いもの大好きのロコ・ファミリーですから、デザートにパイやケーキは欠かせないでしょう。テーブルにずらりと並んだ料理の数々を見てみましょう。

ロコ風雑煮
薄味っぽい印象のロコ風お雑煮。餅は自家製だそうです。

ロコ風正月料理1
チキンの丸焼きにマカロニサラダとは、ずばりハワイ風。

ロコ風正月料理2
海老の天ぷらと揚げワンタンも、とてもおいしそうです。


⇒ 次ページでは、日系ファミリーがそろって出かける場所をご紹介! さて、それはいったいどこでしょう?