国道361号線伊那木曽連絡道路概略図
権兵衛トンネル(L=4.47km)・姥神トンネル(L=1.8km)

このほど、 伊那谷と木曽谷を結ぶ伊那木曽連絡道路(権兵衛道路・姥神峠道路)の権兵衛トンネルが、完成し、平成18年2月4日に開通した。

これまで、伊那谷と木曽谷の間には中央アルプス(木曽山脈)連峰が聳え、権兵衛峠(標高:1521m)越えしないと双方へ行けなかったのだが、山をぶちぬくトンネルを掘り、軟弱地盤と大量の湧水に苦闘した難工事を終え、権兵衛道路として完成したからだ。

国道361号線が通年通行可能に !
伊那と木曽が30分と半分に短縮!

権兵衛トンネル・伊那側坑口:飯田国道事務所
この新しい道路の完成は、 先に供用開始(2002年12月4日)していた、 姥神峠道路(うばがみとうげどうろ)と合わせ、 飛騨(岐阜県)高山と、信州(長野県)高遠を結ぶ「国道361号線」の一部となり、全線通年走行可能になるという画期的な出来事なのである。

何が画期的なのかといえば、
車で90分が45分
  伊那市-木曽町間の所要時間が
  半分に短縮
  伊那インター ~ 塩尻市楢川(旧楢川村) 約30分
冬期閉鎖区間が解消
魔の道路と呼ばれている国道19号線が
  渋滞緩和・迂回路として機能
するからだ。

経済効果抜群!相互交流と活性化期待!

この効果は抜群だ。
これまで交流が極めて少なかった伊那・木曽双方の圏域が拡大し、
都市施設・歴遺産など文化
温泉やスキー場など観光スポット
が利用可能になり、相互交流が盛んとなり、地域の活性化も期待出来る訳だ。

更に、中央道伊那インターから、遠くの
岐阜県(飛騨)高山市(旧高山市)
松本市奈川(50分)・乗鞍・上高地
までも、国道19号線・薮原・ 地蔵峠バイパス・開田高原経由の至近距離で行ける事になった。

毎年年一回やっている家内のグループの「信州いなざい旅行」を、今年はこの中央道伊那インターを使って、木曽路へ抜け、旧中山道の奈良井宿・妻籠宿などを巡り、旅籠に一泊してみるのもいいかなと思っているところだ。

アクセス
新しい権兵衛道路は、同じ伊那インターから、大萱交差点を左折、 中の原交差点 を右折する。
地図:伊那インター&国道361号線周辺

・制作:06/01/25・更新:06/02/04