数ある信州の紅葉の名所の中でも、蓼科中央高原にある「横谷渓谷」と言えば、県内屈指の紅葉スポットといわれるところだ。

今年の紅葉シーズンの信州は週末になると天気が悪くなるという傾向があるのだが、 たまたま先週の日曜日(05/10/30)の午前中、青空に恵まれた。
やはり、紅葉は陽が当たっていないと、綺麗な紅葉は楽しめないのを実感した。

横谷渓谷は、北八ヶ岳の西麓に位置し、渋川上流の明治温泉から横谷温泉にかけて広がる渓谷で、上から順に「●おしどり隠しの滝●王滝○一枚岩○屏風岩●霜降りの滝●乙女滝(●が滝)」と巡る道は、トレッキングコースとして人気がある。

今回は、 について、写真とレポートを交え紹介しよう。

おしどり隠しの滝の紅葉

名前の由来は定かではないが「鴛鴦(おしどり)隠しの滝」と呼ぶ。 下の写真はその滝の風景を撮ったものだが、いくつかの滝が重なって出来いる見事な滝だ。

滝の上部のそばに建つ信州秘湯会の温泉宿「明治旅館」からは、滝に流れ落ちる様子や滝壺が、部屋や浴室から見られるという、正に絶好のロケーションにある。

写真を撮った時は、二枚とも朝だったので、紅葉の色付きは今一だったのだが 、滝やその周辺に陽の光が当たれば、見事な滝と紅葉の風景写真となったに違いない。
おしどり隠しの滝と明治温泉・撮影:2005年10月30日 9:13:10
明治温泉から見えるおしどり隠しの滝の一部・撮影:2005年10月30日、8:06:22

続いて次ページで 「絶景!横谷渓谷・王滝の紅葉」を紹介 >>

・制作:05/11/06・更新:06/10/07