温泉資源に恵まれた信州には、泉源が豊かで、温泉宿が軒を並べる温泉郷がいくつかあります。温泉郷には、無料で入れる外湯、有料の共同浴場や、日帰り温泉の入浴を楽しめます。

野沢温泉の大湯 渋温泉の大湯の湯室
外湯巡りは、地元の方とのふれあいもあり、楽しいものです。信州の代表的な温泉郷で外湯巡りをしてみませんか。

温泉郷が違えば、湯質も、雰囲気も違います、外湯巡りしながら、温泉街散策、グルメスポットなど、外湯巡りガイドをお届けします。

最初の「外湯巡りを始める前に」を付記して
外湯巡りの出来る代表的な温泉郷、下記4つを採りあげ、シリーズで紹介します。
  1. 野沢温泉郷 :30余りの源泉、13ヶ所の外湯が点在する奥信濃の湯の街。スキーのメッカとして愛されている。90度の熱湯が湧き出す「麻釜」は、信州の味を代表する「野沢菜」など、食卓を飾る食材を洗う場所。外湯巡りは、地元の方とのふれあいが楽しい。

  2. 渋温泉郷  :志賀高原から流れ出る横湯川沿いにある、湯量豊かな温泉街。「天下の薬湯」として著名。外湯9湯巡りは、「一浴十年」と言われ、渋温泉の名物。一度は経験してみたい外湯巡り。

  3. 別所温泉郷 :信州の鎌倉と呼ばれる上田市塩田別所地区にある温泉街。枕草子に「七久里の湯」という名で引用された程、古くから開けた湯。古刹巡りの後の外湯入りがおすすめ。

  4. 下諏訪温泉郷:下諏訪は、信濃国一之宮諏訪大社の門前町、中山道の宿場町、甲州街道の合流点。豊富ないで湯の町、諏訪湖畔の町といくつもの顔を持つ下諏訪。宿場町の面影残す、中山道の散策と外湯巡りがおすすめ。


《関連サイト》:
 ・温泉に行こう
 ・ガイド記事:信州のおすすめの温泉バックナンバー

・制作:01/09/22・更新:04/04/13
  1/ 2 次へ>>