1924年建造の建物をドラマティックに彩ったザ・スカーレット

チャイナタウンにある古い建造物を政府によって改装したザ・スカーレット
19世紀に植民地として栄えたチャイナタウンにあるザ・スカーレットは、1924年建造のアールデコな建物をリノベーションした、デカダントな風情漂う小さなブティックホテルです。当時の建築様式を残し、元の坂道に則して少し傾斜した造りになっています。


豪勢なシャンデリアを思わず見上げてしまうレセプション
扉をあけると、きらびやかなシャンデリアのグラマラスな世界。赤・黒・ゴールドを基調として、柔らかな手触りのシュニールのファブリックやイタリアのBisazza社のモザイクタイルをほどこしています。活発で囚われることのない女性をイメージしているのだそうです。


セクシーかつゴージャスなレストラン&バー

黒いレザーの調度品やバーカウンターがシックなバーBOLD
エントランスの脇のバー、BOLDはゴールドと赤をベースとし、黒革のソファや黒のバーカウンター、コツコツとヒールが鳴るクルミ材の床が敷き詰められたセクシーな空間。宿泊していなくても利用できます。


メインレストランのデザイヤー
レストランはデザイヤーとブリーズの2ヵ所。デザイヤーは赤と黒をベースにし、パール仕上げのテーブルやホワイトストーンの床、シルバーの柱などが印象的です。こちらデザイヤーはコンテンポラリー・ヨーロピアン料理をサーブします。
一方のブリーズはルーフテラスにあるアンビエントな屋外スペース。パビリオンをウッドデッキが取り巻き、遠くに街の明かりを望むシチュエーションです。


デカダント薫る5タイプのスイートルーム

"パッション"はカップルにおすすめ
80ある客室は、スプレンダー、スワンク、オピュレント、ラビッシュ、パッションの5タイプのスイートからなります。
どちらも重厚なインテリアでまとめられ、彫刻や絵画などが彩るラグジュアリーでデカダントな雰囲気。カップルにはアウトドア・ジャクジーがあるパッションがおすすめです。

トイレまで金ぴか
バイオレットを基調としたスプレンダーはいちばんゆったりとした間取りで、ファッション撮影にも人気のお部屋です。
クリエイティブな気分にさせてくれる、ドラマティックなザ・スカーレット。その世界観に触れると、誰でも主役気分になれるはずです。


ファッション撮影にも使われ、数々の賞に輝くザ・スカーレット
ザ・スカーレット
The Scarlet, A Boutique Hotel

33 Erskine Road, Singapore
TEL+65-6511-3333
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。