熱帯の木々に埋もれるようにして建つ山のプランテーション
パラオでは「海のP.P.R、山のプランテーション」と言われているのだそうです。これは憧れのリゾートのこと。P.P.Rとはご存じ、パラオで唯一のオンザビーチのリゾート、パラオ・プランテーション・リゾート。今回は一方のパラオ・プランテーション・リゾートをご紹介します。


コロールの中心地に至近、タロ芋畑に囲まれたエコ・リゾート

スイートヴィラのテラス。緑の美しさに目が癒されます
パラオ・プランテーション・リゾートがあるのはコロール島の中心地から車で少し入ったところ。ゲートにたたずむアバイ(パラオの伝統的な家屋)が迎えてくれます。このアバイにはストーリーボードのようなイラストが描かれ、このリゾートの生い立ちを伝えているのだそう。


タロ芋畑、そしてジャングルを一望にするプール

パラオの美しい海を介して知り合った方々が当初は老後に暮らす家を建てようと思い立ち、それがいつしか、心地いいリゾート造りへの夢に変わっていったのだそう。
3年あまりをかけて原生林を切り開き、石を砕いてパズルのピースのようにはめ込みながら通路を作るなどさらに4~5年、少しずつ手をかけ作られました。そして万一、リゾートが朽ちても、自然への害にならないように、できるだけ天然資材でまとめられています。

テラスでゆっくり朝食を

アバイ風のとんがり屋根の建物群に、バナナの木や極楽鳥花など熱帯の木々や花々で彩られた庭、周囲のタロ芋畑やジャングル……まるでいにしえのパラオの村に訪れたような感じがします。
ワタシは夜、到着したのですが、虫やカエルの合唱に包まれながら見上げた満天の星空、忘れられません。


20室のアバイ風ゲストルームは居心地満点

露天風呂に浸かりながら自然の美しさを楽しめるロックアイランドビュー・コテージ
客室はプレミアム・キャビン、スーペリア・コテージ、ロックアイランド・ビュー・コテージ、スイートヴィラの4タイプ、20室。

スイートヴィラのリビング

憧れはロックアイランド・ビュー・コテージ。こんもりと緑をのせたロックアイランドをテラスから望むビューが自慢です。焦がしたように仕上げしたウッドの壁に囲まれ、天井が高いお部屋は広さ70平方メートル。籐家具でまとめられ、エアコンなどの人工的なものは巧みに目隠しされています。そして露天風呂付き! 草で編んだようなマットは中にゴムが入っていて、テラスに持ち出してゴロ寝するのも、ごきげんです。

スイートヴィラのベッドルームは仕切りで区切られ、落ち着いた空間

そして、最もハイクラスなお部屋は、スイートタイプのスイートヴィラ。リビングの一画にキッチン付きバーカウンターを置く、広々とした間取りです。そしてテラスからの眺めも抜群。マングローブの林から海までが一望できます! 余談ですが、虫よけもアロマを焚く方法でナチュラルでした。
標準クラスのプレミアム・キャビンも南の島らしい風情が愛らしいですよ。


=>次のページでは、ネイチャーリゾートならではの施設やレストランをご紹介