島を貸し切りにする滞在。もちろん、サバイバルな無人島生活ではなくて、すべてが1組のために用意された、至れり尽くせりの快適な滞在。一時とはいえ、島のオーナー気分を味わうのは、忘れられない旅になるのではないでしょうか? 100万円以上する豪華版から一人5万円程度のエコ・リゾートまで、集めてみました。

豪華なクルーズ船2艇を自由に使うことができます

■ザ・ラニア・エクスペリエンス(モルディブ)

モルディブの国際空港から水上飛行機で約40分、ファーフ環礁にある1島1組リゾート。ここではプライベートシェフも、PADIのダイビングインストラクターも、スパのセラピストも、バトラーも、たった1組のゲストのためにスタンバイしています。予約時に食事の好みや音楽の趣味をリクエストすることができ、ゲストに合わせて滞在をカスタムメイドしてくれます。こちらは島のみならず、2艇の超豪華クルーザーもセットに。飲食(一部除く)やダイビング(この機会にCカードを取ってしまうのもアリ!)もすべてが含まれるオールインクルーシブ制です。

●ザ・ラニア・エクスペリエンス
The Rania Experience


料金:ツイン/ダブルUS$12000(3人目からはひとりにつきUS$750)
定員:12名
日本での問合せ先:スモール・ラクシャリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールドTEL0120-558-673

居住性の高いリビング。3棟のスイートがあり6名まで宿泊可能

■ワンディギ・アイランド(フィジー)

ママヌザ諸島のマロロ島沖、ビチレブ島に比較的近い、サンゴ礁に囲まれた1島1組リゾート。ホストのジョンストン夫妻を中心に、シェフやメイド、ボートキャプテンなど9名のスタッフが、友人に対するようにもてなしてくれます。3室のスイートはデイベッドを置いたベランダや海を望むバスルームを持つ開放的な雰囲気。12歳以上限定と、大人のためのリゾートです。滞在中の飲食や水上スキー、フィッシングなどのアクティビティも含むオールインクルーシブ制を取っています。到着時にはシャンパンのプレゼントも!

●ワンディギ・アイランド
Wadigi Island

料金:島貸し切り(2名)US$1880、3~4人目はひとりにつきUS$660、5~6人目はひとりにつきUS$580
定員:6名
日本での問合せ先:フィジー旅行専門店トーホートラベルTEL03-3553-2044

フィジーの伝統的なモチーフを使ったブレ(客室)が2棟

■ドルフィン・アイランド(フィジー)

ビチレブ島の北部、ラキラキ沖に浮かぶ、小さな島を貸し切りに。ニュージーランド人のシンプソン夫妻がホストとしてゲストを迎えてくれます。高床式の2棟のブレ(客室)はフィジーに伝わるタパクロスのモチーフをちりばめた伝統的なデザイン。1棟はダイニング、もう1棟をベッドルームとして使い、最大4名まで泊まることができます。島の周囲には浅瀬が広がり、高台から眺める景色はたとえようがないくらい美しいです!2007年9月30日まで(2007年10月1日から約1年間、休業するそうなので、お早目に!)。オールインクルーシブ制です。

●ドルフィン・アイランド(フィジー)
Dolphin Island

料金:1~2名利用NZ$2000、2カップルNZU$3000(3泊以上、1泊料金)
定員:4名
日本での問合せ先:フィジー旅行専門店トーホートラベルTEL03-3553-2044

快適に過ごしながら、エコについて考える滞在はいかが?

■セレンディパー・アイランド・リゾート(マーシャル諸島のマジュロ)

マジュロ沖に浮かぶ1周約280mの小さな島です。電力や水道は自然の恵から得たものを使うユニークなコンセプトのエコ・リゾート。DVDやインターネットなど先端アイテムもありながら、五右衛門風呂やツリーハウスなどアドベンチャーな施設も。客室はおしゃれなアジアンテイストで、バトラーサービスも無料で利用できます。

●セレンディパー・アイランド・リゾート
Serendipper Island Resort

料金:1泊貸し切り料金/1名US$420、2名US$435、3名US$450、4名US$465、5名US$480、6名US$495
定員:6名
日本での問合せ先:クルーズ&アイランドTEL0120-165-188、TEL045-440-4188

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/7/1~2021/7/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。