スペインに旅行に行く目的の一つとして、「スペイン料理を堪能したい!」と思っている方も多いはず。スペインは、軽食などを含み1日5回(3回の食事と2回の間食)も食事をする文化で、「食べる」ことをこよなく愛するお国柄です。スペインに行く前に、スペイン人の食事の習慣を知っておくのはいかがでしょうか。

スペイン人の5食は……

Desayuno(デサジューノ)
朝食は出勤前に、ミルクたっぷりのCafé con leche(カフェ・コン・レチェ:カフェオレ)やChocolate(チョコラーテ:ホットチョコレート)にビスケットやChurro(チューロ:長い揚げパン)で済ませます。

Merienda media Mañana(メリエンダ・メディア・マニァーナ)
11時頃のランチ前の間食の時間でOnce(オンセ)とも言われます。オフィスから出てBocadillo(ボカディージョ:スペイン版サンドイッチ) 等を食べます。


Comida(コミーダ)
ビール
ランチタイムでもビールを飲みます。
スペイン人の一日のメインの食事である昼食の事ですが、14時頃からゆっくり2時間程度かけて、ワインやデザートも楽しみながら食事をします。日本の慌ただしい昼食風景を見たらスペイン人は驚愕するでしょうね。バロセロナやマドリッド等の都市部では2時間の昼休みですが、地方だと2時間以上も昼食をとることもあります。スペインではSiesta(シエスタ:昼寝)も決して昼寝をする訳ではなく、帰宅して昼食を摂る風習や昼食後の休息が未だ残っているのです。昼からこれだけシッカリ食べれば休息も必要ですよね。

Merienda(メリエンダ)
会社が終わった18時頃には夕食前の午後のおやつの時間があり、女性は同僚とカフェでスウィーツやコーヒー等の温かい飲み物を、男性はバルに言ってタパスとお酒を楽しみます。


Cena(セナ)
バル
夜はバルでおしゃべりを楽しみながら、ゆっくり食事を取ることも。
夕食の時間ですが、21時以降から始まります。スープやチョリソ、チーズ、サラダ等で簡単に済ませるものといわれていますが、実際にはお肉料理を食べる人もいるらしいので驚きますね。


スペインでもダイエットはブーム!?

「これだけ食べたら太ってしまうのでは?」という疑問をお持ちの方……その通りです、スペイン人の2割近くが肥満症で半分が太り気味です。最近は、健康志向でスポーツセンターや、ダイエット食品、低カロリー飲料が増えているようです。ここ数年のダイエットブームで中国茶や緑茶も目にするようになりましたが、スペイン人は「苦くて飲めない」と言って砂糖たっぷりにしてしまうのですから逆効果ですよね。

また、あれだけ油の多いスペインの料理を食べていれば、太ってしまうのも納得です。ただ、プラド美術館の裸体画を見てもわかるように、食べることに情熱があるスペイン男性にとっては昔から痩せた女性より適度に肉付きの良い女性の方が魅力的なようです。スペインに旅行に行かれる女性の方々も、安心してスペインの食生活を満喫してくださいね。

スペインで食事に出かける際の注意点

日本人の食事の時間とスペイン人の食事の時間には2時間の時差があります。レストランの営業時間も、ランチタイムは13時頃~16時頃、ディナータイムは20時頃~24時頃と日本と異なるので、行きたいお店があれば営業時間は前もって調べておきましょう。一部のカフェでは、10時頃~14時頃、17時頃~21時頃と間食の時間にのみ営業しているお店もあるので注意。ただ、バルは基本的に朝7時頃~深夜遅くまで空いているので安心です。

カフェ
カフェもスペイン人にとっては社交場です。
文化の異なる国に旅行に行った際には、郷に入れば郷に従うということも大切です。しかし、日本人が急にスペイン人流の食生活をしてしまうと胃腸がもたなくなるのも事実です。旅行を十分楽しむためには、胃腸と相談しながら適度にスペインの食生活を満喫することをオススメします。「どうしてもスペイン人流食生活がしたい!」という方は胃薬を持参されてはいかがでしょうか。スペイン流食生活を満喫した後には、日本の食生活に戻すことも忘れずに。


【関連リンク】
スペイン料理/各地グルメ/バル


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。