ケータイで診断! リモコンが効かない時!

AVはリモコンだらけ! 

テレビ、DVDレコーダー、ビデオデッキ、AVアンプ・・・など、AV機器につきもののリモコン。 エアコンや照明などの家電を含めれば、リモコンの数は、ざっと見渡しただけでも数個見つかる事でしょう。

リモコンの増加にともない、「リモコンが効かない!」という事態に遭遇する確率も増えたのではないでしょうか?

この場合、電池の消耗を疑って、電池を新品に交換してみるのも手ですが、リモコン自体や機器本体が壊れている可能性だって有ります。 無駄に新しい電池を買ってしまわない為にも、スマートに診断したいものです。

今回は、デジカメや携帯電話のカメラ機能を使って手軽に出来る「リモコンの診断法」をご紹介します!

 

まずは"裏技"、ケータイでリモコンをチェック

殆どのリモコンは、先端部から赤外線を発射し、機器に「どのボタンを押したか」を伝えます。 リモコンの先端部を各機器に向けるのはその為です。

リモコンの先端部を見ると、丸い部品が見えるものや、赤または黒く見える窓のような部分が有るはずで、ここから赤外線を発射しています。 しかしながら、この赤外線は、人間の目には見えないので、赤外線が「出ているか?」、「出ていないのか?」は判別できません。

ここで登場する裏技が、デジカメ付きケータイです。(デジカメや、ムービーカメラでも代用可能)

カメラのファインダーで、リモコンの赤外線発射部を覗き、リモコンのボタンを押してみましょう。 リモコンが正常に働いていれば、発射されている赤外線がファインダーに映ります!

 

デジカメでリモコン先端の赤外線発射部を覗く。

カメラ付きケータイなら手軽!

リモコンのボタンを押して、赤外線発射部が光って見えれば、リモコンも電池もOK。

(リモコンやボタンによって、明滅具合は異なります。)

 

 


次のページでは、「リモコンの診断法」をご紹介します。