HDMIとは?

テレビやDVDプレーヤーなど、AV機器側に搭載されているHDMI端子。 幅は約15mm、高さは約6mmとコンパクト。

まず、「HDMIって何?」と仰る方むけに、『HDMI』について簡単に説明しましょう。

『HDMI』は、たった一本のケーブルで、映像と音声を高品位なデジタル信号でやり取りできる、最新のインターフェイス(接続)規格です。

複数の映像ケーブルや音声ケーブルを必要とする、従来のアナログ方式に比べ、接続がシンプルで簡単という大きなメリットがあります。 また、やり取りできる映像や音声の品質が高く、伝送中の劣化も皆無な事から、AVファンにも注目されています。

今後、『ブルーレイ』や『HD DVD』といった次世代DVDプレーヤーを、高性能テレビ(モニター)へ接続する場合など、この『HDMI』が主流になりますので、しっかりと理解しておきたいものです。

 

要注意! HDMIは「一つ」ではない!

HDMIは「接続」が簡単・・・とご紹介しましたが、実は「バージョン」による「互換性」の問題が有り、注意が必要です。 

HDMIは登場以来、より高機能へと進化するため、何度かバージョンアップを行ってきました。 よって、「HDMI」と一口に言っても、いくつかの「バージョン」が存在し、利用できる機能が異なるのです。

つまり、プレーヤーなどの映像を送り出す機器、テレビなどの映像を受け取る機器を組み合わせる際、「バージョン」の確認を行わないと、「自分の欲しい機能が実現できない!」という悲劇が起こり得るのです。

各バージョンの違いを知り、自分の必要なバージョンを見極め、購入の際にバージョンをチェックする事が肝要です。

 

 

次のページでは、各バージョンと機能の違いを、一覧表で整理します。