ひつまぶしは、名古屋メシアンケートでも「食べさせたい」部門
1位に輝いたおもてなしグルメ

ひつまぶしは名古屋メシで一番のおもてなしグルメ

ひつまぶしは名古屋メシで一番のおもてなしグルメ

名古屋名物のひとつ、うなぎのひつまぶし。以前、当サイトで行ったアンケート調査「発表!名古屋人による名古屋メシランキング」では、「他府県の人に食べさせたい名古屋メシ」部門で見事第1位に輝きました。B級グルメが多い名古屋メシの中にあって、ちょっと高級感のあるおもてなしグルメとして重宝されています。

今回はその基礎知識と、筆者が実際に食べ歩きした代表店の特色をご紹介します。

なぜおひつに盛り、なぜ細かく刻む?

ひつまぶしは、うなぎの蒲焼きを細かく刻んで“おひつ”に“まぶした”料理。1杯目は普通のうな丼として、2杯目は薬味を加え、3杯目はお茶漬けにして、と一品で3つの味が楽しめるのが何よりの特徴です。

独特の提供法が生まれたのは明治後期。出前の際、陶器の丼では欠けやすいため木製のおひつを使うようになり、宴会で一度に大人数分を出す際に均等に取り分けしやすいように細かく刻むようになったと伝えられます。

薬味を加えたり、最後にお茶漬けにするという食べ方の由来は定かではありませんが、料亭のシメの一品から生まれた一品だったため、さっぱりと食べやすいように考案されたのではないかと推測されます。

薬味とお茶漬けで味の変化を楽しむ
ひつまぶしのおいしい食べ方

ひつまぶしは、いわばうな丼のアレンジバージョンですが、単に器やうなぎの切り方が違うだけ、なんて思うなかれ。蒲焼き+薬味やお茶漬け用のダシのハーモニーで、味わいは豊かな広がりを見せてくれます。

3杯目は茶漬けでさらさらと

3杯目は茶漬けでさらさらと

食べ方の基本はこうです。おひつから茶碗によそって、1杯目はそのままうなぎの蒲焼き本来の味を楽しみます。2杯目はのり・ねぎ・わさびの薬味をお好みでふりかけ、蒲焼きのタレと薬味の風味のハーモニーを堪能。そして3杯目は煎茶もしくはダシをそそぎ、さらさらとかきこみます。こうして味の変化を楽しみ、一品で3度おいしい、これがひつまぶしの最大の魅力なのです。

名古屋は、夏の蒸し暑い気候のせいもあってかうなぎ屋さんが非常に多い土地。浜名湖と一色町の2大産地がほど近く、新鮮な状態で仕入れがしやすいことも、お店の多さにつながっているのかもしれません。そして、市内に数あるうなぎ専門店のほとんどで、ひつまぶしを食べることができます。蒲焼きを売っている魚屋さんなどでも、「まぶしにして」と注文すればその場で細かく刻んでくれるほど。名古屋人にとって、ひつまぶしはいたってポピュラーでノーマルなうなぎの食べ方なのです。