宛名に連名を加えましょう
あとから連名を追加することができます
周囲で聞いてみたりこちらでアンケートをとってみたりした結果、はがき作成ソフトで年賀状を作成していないかたが結構いらっしゃいます。裏面は、Wordやペイント、フォトショップなどで作成し、宛名面は、手書きやWordで差し込み印刷をなさるケースが多いようです。ただし、差し込み印刷で宛名面を作成すると、連名が入らないという質問をいらだきましたので、フィールドを追加して表示する操作方法をご説明します。今回は、Word2003(1ページと2ページ)と2007(3ページと4ページ)とでご説明します。

INDEX

1ページ・・Word2003ではがき宛名印刷
2ページ・・レイアウトの変更と連名の追加
3ページ・・Word2007ではがき宛名印刷
4ページ・・レイアウトの変更と連名の追加

差し込み印刷~Word2003~

ExcelやWordなどで住所録を作成すれば、その表を利用して、宛名面に住所を差し込みながら印刷ができます。その機能を差し込み印刷といいます。1枚1枚の住所を入れなくても、印刷が開始されれば、宛先を変更しながら印刷してくれるので大変便利な機能です。

今回はこの機能を使って、さらに連名の項目を増やして宛名を作成します。

【作成した住所録】



1)[ツール]-[はがきと指し込み印刷]-[はがき印刷]をクリックします。



2)[はがき印刷]ダイアログボックスが表示されます。「宛名面の作成」をクリックします。



3)「はがき宛名印刷ウィザード」が起動します。[次へ]をクリックします。



4)「どのはがきを印刷しますか?」の画面で、「年賀/暑中見舞い」にチェックが入っていることを確認し、[次へ]をクリックします



5)「縦書き/横書きのどちらの様式にしますか?」の画面でどちらかを選択します。今回は縦書きにしました。[次へ]をクリックします。



6)「宛名/差出人のフォントを指定してください」の画面で今回は毛筆に近い「HG祥南行書体」を選択しました。[次へ]をクリックします。



7)「差出人情報を入力してください」の画面で自分の情報を入れます。もし入れても、今回年賀状の裏面に自分の住所を入れる予定のかたは、「差出人を印刷する」のチェックを入れなければ、宛名面に差出人の住所は印刷されません。[次へ]をクリックします。



8)Excelの住所録を利用して宛先を入れたいので、そのExcelの住所録が保存されている場所を指定します。「他の住所録ファイルを差し込む」のチェックを入れ、[参照]をクリックします。



9)今回Excelの住所録をデスクトップに保存していたので、そちらを指定します。「デスクトップ」を開き、その中にある、「年賀状住所録宛名」をダブルクリックするか、クリック後、[開く]をクリックします。



10)「住所録ファイル名」に指定した住所録のパス名が表示されます。宛先の敬称が「様」となっていることを確認し、[次へ]をクリックします。



11)[完了]をクリックします。



12)しばらく画面が動いていますが、Excelの「年賀状住所録宛名」のどのシートを利用するか選択する「表の選択」ダイアログボックスが表示されます。自分で作成した「Sheet」をクリックし、「先頭行をタイトル行として使用する」(先頭行に項目名を入れている場合に限りますが)にチェックが入っていることを確認し、[次へ]をクリックします。



13)住所録に入力した最初のデータが入ってきます。でも、このままではレイアウトもちょっと変ですし、連名も入りません。



そこで、2ページ目では、レイアウトの変更と連名の追加をしましょう。⇒