転送ツール”
転送ツールで楽々データのお引越し!
Vistaを購入したけど、今までのデータはどうしましょう?自分でCDに焼いて移動?それともUSBフラッシュメモリで移動しましょうか?。メールのデータはどこにあるのかしら?調べてそれをコピーして移動することも勿論できるけど、VistaにインストールされているWindows転送ツールならチェックを入れるだけで移動したいデータを保存できます。いちいち元データがどこにあるか探さなくてすみますよ。でも、この転送ツールはWindows2000とXPだけしか使用できませんのでご了承ください。では早速使い方をご説明しましょう。

INDEX

1ページ・・転送ツールの説明と転送方法
2ページ・・・転送ツールソフトをどこから持ってくるか(2通り)
3ページ・・・Vistaパソコンから転送ツールをコピーする方法

転送ツールって?


Windows 転送ツールを以前のPCにインストールし、自分で移動したいデータを選択することでコピーできるツールです。このツールを使って自動的に転送できるデータは以下のものです。これらの1つひとつの場所を探して保存するのは本当に大変なのですが、それを選択するだけでコピーしてくれるのでパソコンにあまり詳しくないかたでも楽々で移動できます。

・ユーザー アカウント
・ファイルおよびフォルダ
・電子メールのメッセージ、設定、および連絡先
・写真、音楽、およびビデオ
・Windows 設定
・プログラムのデータ ファイルと設定
・インターネット設定

転送方法は?


Windows 転送ツールを使ってVistaにデータを移動する方法は以下4つの方法があります。

(1)転送ツールケーブルを購入する
会社や自宅にネットワークの設定がないかたは、外付けHDDやCDに焼くなどしてデータを移動しなければなりません。有料でもいいから、簡単に済ませたいと思うかたはケーブルを購入しましょう。同梱されているCDから今使用しているパソコンにソフトをインストール後、ケーブルを2台のパソコンに接続し、転送するデータを選択するだけでOKです。メーカー各社から転送ツールケーブルが販売されています。いくつか挙げておきますね。

BELKIN VistaへGo!(ICチップ内蔵専用ケーブル付)F5U258JA (3,339円)

BUFFALO USBトランスファーケーブル USBC2-TC18/BK (4,650円)

(2)ネットワークを利用する
この環境があればお金もかからず、時間もさほどかかりません。

(3)外付けハードディスク、USBフラッシュメモリを利用する
外付けHDDやUSBフラッシュメモリにデータをコピーし、そこからVistaに移動します。USBフラッシュメモリだと、容量が少ないと何回もやり取りをすることになり若干面倒です。

(4)CD・DVDを利用する
CDやDVDにデータを焼き、それをVistaに移動します。

次のページでは転送ツールソフトをどこから持ってくるかを説明します。(転送ツールケーブルを購入なさるかたは必要ありません)⇒