表
表にデータを入力する時は他の表を参照してVLOOKUP関数を使うと楽!

数回に渡りExcel関数の説明をしていきます。
今回、前々回、前回のVLOOKUP関数は垂直方向(列方向)に検索をしますが、Hlookup関数は水平方向(行方向)に検索をする関数です。Vlookup関数がわかれば、Hlookup関数はすぐに理解できるでしょう。




◆HLOOKUP関数

=HLOOKUP(検索値,範囲,行番号,検索の型)

( )の中の項目を引数(ひきすう)と言います
HLOOKUP関数は引数に、どの値を元に(検索値)、どの範囲の表の(範囲)、何行目の値を(行番号)一致する値だけ引っ張ってくるか(検索の型・・・false)または、近似値を検索するか(検索の型・・・true)という4つを入力します。


元データ作成

ある商店の仕入れ担当者表を作成
※商品コードを入れると、商品名と仕入れ担当者がわかるようにします




※「B3に商品コードを入れると、B4に商品名が入り、B5に仕入れ担当者名が入る」という表です。

担当者を表示するHLOOKUP関数

1)解を入れるセルをクリックし(今回はB4)数式バーの左にあるfx(関数の挿入)ボタンをクリック

2)[関数の挿入]ダイアログボックスが表示されます。

3)[関数の分類]が[最近使用した関数]になっていると、その下の[関数名]に最近使用した10個の関数名が表示されます。その中にHLOOKUP関数があればクリックします。

4)ない場合は探します。[関数の分類]を[すべて表示]にします。
※もし、関数の分類名がわかっていればそれを入れて探すこともできます。HLOOKUP関数は[検索/行列]です。

5)日本語入力がOFFになっていることを確認し、1度、[関数名]の中でクリックしてから、HLOOKUP関数の頭文字である『H』を入力すると、関数名の中で、Hの文字に飛びます。そこからスクロールしながら、HLOOKUPを探してクリックし、[OK] をクリックします。

6)[関数の引数]ダイアログボックスが表示されます。

7)[検索値]にカーソルが表示されています。どこの値を見て解を導くかを考えます。ここでは、商品コードを見て、商品名を入れたいのですから、検索値である、B3セルをクリックします。
すると、検索値の欄にB3と表示されます。

8)[範囲]の欄の枠内でクリックしてカーソルを表示します。

9)参照する表を範囲選択します。(ここでは、下の表です)
(B7からF9まで)
※範囲選択したあとにF4キーを押して、行番号、列番号の前に$マークをいれます。(これは、絶対参照といい、その範囲をずらさないことを表し、あとで、式をコピーして動かしても、範囲をずらすことがありません)
すると、$B$7:$F$9と表示されます。

10)[行番号]の枠内で、クリックし、カーソルを表示します。

11)参照する表の左から何行目を解にするかと考え、ここでは、2行目なので、2と入力します。

12)[検索の型]では、完全に一致する解を求めるので、[false]と入力します。これは、大文字でも小文字でも構いませんが半角で入れてください。
[OK]ボタンをクリック。




13)[商品名]に[#N/A] というエラー値が表示されました。
これに関しては、こちらを!
※表には、まだ担当者番号が記入されていないので、関数が適用されないエラーだったのです。




次のページは、このエラー値が表示されないように関数を打ち変えます⇒