脳科学・脳の健康

Q. ミスや物忘れが増えた…30代でも認知症の可能性はありますか?

【脳科学者が解説】ミスや物忘れが急に増えたとき、30代のまだ若い年齢層でも「ひょっとして若年性認知症なのではないか?」と不安に思われる方がいるようです。実際に認知症の可能性はあるのか、心配すべきことについて、わかりやすく解説します。

阿部 和穂

執筆者:阿部 和穂

脳科学・医薬ガイド

Q. 「30代ですがミスや物忘れが増えました。認知症の可能性はありますか?」

30代から認知症になることはある?

30代から認知症になることはある?


急にミスや物忘れが増えると、若くても「若年性認知症」などの病気ではないかと不安になってしまう方がいるようです。実際に、30代で認知症を心配しなくてはならないケースはあるのか、わかりやすく解説します。

Q.  「30代ですが、最近仕事でうっかりミスが増えました。何度かあった人の名前が思い出せなかったり、物忘れも多くなった気がします。若年性認知症などの病気もあるようですが、30代でも認知症になってしまうことはありますか?」
 

A. うっかりミスや度忘れと認知症の症状は、全く別の物です

遺伝性の病気や脳卒中の後遺症のために30代でも認知症を発症する方もいないわけではありません。しかし、不安に思われているような今回のケースは、認知症の前兆でも何でもありません。

うっかりミスは、記憶力ではなく、注意力や集中力の問題です。忙しかったり悩み事があったりすると、誰にでも起こりますし、増えることもあります。人の名前が出てこないのは、単なる「度忘れ」で、年齢のせいでもありません。学生時代に、ちゃんと勉強して覚えたつもりの年号や歴史上の人物の名前が、テストのときに思い出せないのと同じです。誰かに言われて「そう、それそれ!」と思い当たることができるレベルであれば、実際には脳は忘れていなかったわけですから、心配ありません。

また、何かをしようとしたのにそれが何だったかわからなくなったというような物忘れは、ふとした考え事を含め、行動中に他のことに邪魔されたような場合に起こる、自然なものです。決して脳が衰えたために起こるものではありません。

30代で働いている方の場合、どちらかというと、仕事やプライベートの多忙さや悩み事などのストレスのために、脳に負担がかかっていることが考えられます。不調を感じたら、心が健康に保てるように、生活のあり方を見直していただくのがよいと思います。
【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます