預金・貯金

元銀行員が語る!損しないATMの利用方法

銀行や預入金額、利用するATMによって手数料は違います。基本的には、手数料無料のATMなどを利用することがベストなのですが、急にお金を引き出さなくてはならないときは、どのようにしたら損をせずにお金を引き出すことができるのでしょうか?

飯田 道子

執筆者:飯田 道子

金運アップ、ポジティブお金術ガイド

  • Comment Page Icon
銀行や預入金額、利用するATMによって手数料は違います。基本的には、手数料無料のATMなどを利用することがベストなのですが、急にお金を引き出さなくてはならないときは、どのようにしたら損をせずにお金を引き出すことができるのでしょうか?
 

取引している銀行のATM手数料を確認しよう!

一般的に同一銀行の他支店で引き出す場合には、手数料無料で引き出すことができます。とはいえ、時間帯によっては手数料がかかってしまうことがあります。

たとえば三菱UFJ銀行の場合、全日8:45~21:00は無料で引き出すことができますが、それ以外の時間帯に引き出すときには、手数料として110円がかかります。

みずほ銀行の場合、平日8時45分~18時00分は無料で引き出すことができますが、8時00分~8時45分と18時00分~23時00分は手数料として110円がかかり、それ以外の時間帯に引き出すときには、手数料として220円がかかります。※土日祝日は終日手数料がかかりますが、時間帯によって金額が異なります。

なお、三井住友銀行の場合、平日8時45分~18時は本支店ATM手数料が無料となります。さらにOliveアカウントを契約している場合は、本支店ATMだけでなく、三菱UFJ銀行店舗外ATMの時間外手数料がいつでも何回でも無料になっています。

このように、銀行によって無料で引き出せる時間帯は変わってきます。自分の口座のある銀行の手数料はどのようになっているのか、知っておくことが大切なのです。
 

提携先ATMの引出手数料は値上げ傾向に!?

今までは、銀行提携先のコンビニでの引き出しは、一定の時間内であれば手数料無料で引き出すことができました。しかし最近ではコンビニATMで引き出すときには、どの時間帯であっても手数料がかかることが多くなりました。

たとえば、三井住友銀行の場合、取引状況やプランの選択によって、コンビニATMの時間外手数料や利用手数料が月1回まで無料になったり、アカウントランクがプラチナプリファードの場合には、コンビニATMでの時間外手数料や利用手数料が、月最大2回まで無料になったりします。このように、各銀行が設けている特典サービスによっては、手数料が無料になることもあります。
 

自分が利用しやすい銀行はどこかを考えて選ぶ

今まで使っていた金融機関のATMの利用料が突然、発生してしまうと驚くものです。銀行は随時、提携先の見直しを行っています。定期的に、自分が住んでいる地域や会社の近くに無料で利用できるATMがどれくらいあるのか、確認しておくことをおすすめします。

現在取引している銀行で手数料がかかってしまいそうならば、住まいの近くや会社の近くなどの生活圏内で利用しやすい銀行を確認し、思い切って取引銀行を変えることを考えてもいでしょう。
 
元銀行員、ATMの損しない引き出し方

提携先ATMを利用している人は多いのではないでしょうか。4月になって、突然、ATMの利用料が発生して驚いている人もいることでしょう。銀行はさまざまな先と提携しています。自分が気づかないところと提携していることもありますので、必ず銀行のHPで提携先を確認して下さい。


 
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/4/30まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます