預金・貯金

お得に買いたい!食費を節約する方法3つのポイント

お金を貯めるためには何らかの節約をしなければなりません。最初に取り組みやすい費目としてあげられるのは、食費ということをご存じですか? 食費を節約するためには、「いかに同じものを安く買うか」です。まずは、そのための3つのポイントを知っておきましょう。

飯田 道子

執筆者:飯田 道子

金運アップ、ポジティブお金術ガイド

  • Comment Page Icon
お金を貯めるためには何らかの節約をしなければなりません。最初に取り組みやすい費目としてあげられるのは、食費ということをご存じですか? 食費を節約するためには、「いかに同じものを安く買うか」です。まずは、そのための3つのポイントを知っておきましょう。

その1:いつものスーパーの底値を知る

食品は、基本的に同じスーパーなどで買い物をしている人がほとんどではないでしょうか。そのとき、同じ商品であるのに曜日や時間帯、セールなどで価格が違うことに気付いている人は多いでしょう。

そこで食費を節約のポイントとなるのが、食材の底値を把握しておくことです。

まずはいつも買い物をするスーパーへ行って、食品ごとの価格のチェックから始めてください。何曜日にいくらなのか、特別なセールのときにはいくらなのかを記録をつけておくことで、底値(最安値)が自然と分かってきます。

一般的にスーパーでは、曜日ごとに安い商品が設定されていたり、割引価格で販売する日が設定されていたりします。これは、定番の食材によく見られるスーパーの戦略です。欲しい食材が、定期的な割引商品の対象になっているなら、購入するタイミングを割引のある日にしてください。

また2~3カ月に1回の割合で、大幅な値引きのあるセール等が開催されます。これらの日がいつなのかを把握しておくことも大切です。大幅な値引きがある場合は、生鮮食品も対象になります。このときに購入し、下処理をして冷凍保存することをおすすめします。

なお、商品の仕入れはスーパーごとに違っていますので、食材の得意、不得意があります。1軒のスーパーに限らず、近所にある2~3軒のスーパーの底値を把握することをおすすめします。

その2:在庫を管理して無駄遣いを防ぐ

いくら安いからといって、買い過ぎて使い切れなかったら、食材は無駄になってしまいます。そのため在庫を管理することが大切です。

冷蔵庫、冷凍庫に保存するときには、いつまでに食べ切るのかとともに、数量も分かるように明記しておきましょう。

生鮮食品などは冷凍保存するときには、必ず何月何日に入庫したのかを明記し、いつまでに使い切るのかの明記もしておきます。食材によって賞味期限は変わりますが、生鮮食品なら1週間以内、調理済みでも2週間を超えないようにしてください。

とはいえ、冷凍保存は万能ではありません。保存期間が長くなるほど味は落ちてしまいますので、できるだけ早く使い切れるようにすることが大切です。

調味料などの場合、1キロや1リットルなどのタイプのものを購入し、そこから使う分を小瓶等に移して使っている人は多いようです。しかし、めったに使わない調味料なら、使い切れるサイズのものを購入することをおすすめします。内容量が多いものより割高になりますが、無駄にならなければ余計な出費は防げますし、在庫で余計なスペースを取らなくてすみますよ。

在庫の確認をするときには、実際に目で見て確認することが大切です。キッチンや家計簿にストック表を作っておき、在庫が切れたら早めに購入する習慣を身に付けましょう。底値表も一緒に管理しておけば、安値の日を選んで購入できます。
食費節約

商品が安いときには、あれこれと買いたくなってしまいますよね。冷蔵庫、冷凍庫に保存するときには、いつまで食べ切るのかとともに、数量も分かるように明記しておきましょう

その3:高額な食材や旬のものは予算や購入する日を決めておこう

いわゆる高級といわれる食材の場合、値段は下がりにくく高額のままなのですが、季節の食材なら、旬のタイミングで食べておきたい食材です。

元々高額な食材の場合、いくらなら購入するのか、あらかじめ予算を立てて購入してはいかがでしょうか。また旬の食材の場合、必ずセールする日があります。セール日以外は購入しないというルールを決めておけば、高値づかみを防ぐことができます。

今回掲げた3つのポイントはすぐに実践できることばかりです。底値買いなどはゲーム感覚でもできます。今すぐチャレンジしてみてください。
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/6/30まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます