ジェルネイルにはどんな種類があるの?

ジェルネイルには大きく分けて2種類のタイプがあります。ご自分の爪の状態や希望の仕上がりによって使い分けが必要になりますので、ネイルサロンで適切なカウンセリングをしてもらいましょう。

誤った使用方法や種類の選択をしてしまうと、返って爪にダメージを与えてしまう可能性もありますので、気をつけましょう。

■ソークオフジェル
地爪の上にジェルでコーティングが主流のソークオフジェル
ソークオフタイプのジェルが日本で広まった1番の理由は「リムーバーで落とせる」こと! 専用のリムーバーにはアセトンという成分が含まれており、このアセトンでジェルを溶かしてオフすることができます。

柔軟性があり地爪への負担が少ないのが特徴です。爪が弱くて伸ばせない方やすぐに折れてしまったり二枚爪の方にオススメできます。
■ハードジェル
長さを出すスカルプチュアに最適です。
こちらが従来のジェルネイルシステムです。初めて誕生したジェルネイルはこちらのハードタイプになります。抜群の透明感と強度、また装着間が軽いということで親しまれています。こちらはリムーバーでは溶けず、はずす時はファイルで削って落とします。特徴である強度を生かして、長さを出すスカルプチュア(フォームで長さを作る手法)やオーバーレイ(ネイルチップで長さを出した上にジェルをかぶせる手法)向きと言えます。

ジェルを実際にしている人の声

ナチュラル思考で美しく! ジェルネイルで地爪に優しく。
「二枚爪や爪が弱くて悩んでいたがジェルをすることによって、地爪を伸ばすことができた!」そんな声をよく聞くようになりました。

地爪を伸ばしてネイルアートを自分の爪で楽しみたい、長持ちするネイルアートを楽しみたい、そんな方にはソークオフタイプがおすすめ!

注目したいのは、爪の形がキレイになったという声!深爪や噛み爪で小さかった爪がジェルをすることによって改善したということもあるようです。
ネイルサロンと言えば、今までは人工爪で長く丈夫な爪を作り、そこでネイルアートを楽しむといった流れが強かったと思います。しかし、ジェルネイルの人気が高まり、これからは地爪を健康に伸ばして自分の爪でネイルアートを楽しむ傾向になってきたと感じています。

次のページでは、そんなジェルネイルで楽しめるアートをご紹介します!