預金・貯金

金利0.3%の定期預金に1年間、200万円を預けたら利息はいくら?

お金のこと、難しいですよね。老後の不安から、ますますお金を貯めたい、家計を守りたい、と思っている人も多いのではないでしょうか。皆さんからのちょっとした疑問にオールアバウトの専門家が回答するコーナーです。今回は、200万円を1年間、金利0.3%の定期預金に預けた場合の利息についてです。専門家に質問したい人は、コメント欄に書き込みをお願いします。

執筆者:All About 編集部

  • Comment Page Icon
お金のこと、難しいですよね。老後の不安から、ますますお金を貯めたい、家計を守りたい、と思っている人も多いのではないでしょうか。皆さんからのちょっとした疑問にオールアバウトの専門家が回答するコーナーです。今回は、200万円を1年間、金利0.3%の定期預金に預けた場合の利息についてです。専門家に質問したい人は、コメント欄に書き込みをお願いします。

Q:金利0.3%の定期預金に1年間、200万円を預けたら利息はいくら?

「定期預金に200万円を預けたいと思っております。金利は1年で0.3%のところです。1年後に、利息はいくら受け取れますでしょうか?」(Sさん・40歳)
200万円を金利0.3%の定期預金に預けたら、1年でどのぐらいの利息がもらえる?

200万円を金利0.3%の定期預金に預けたら、1年でどのぐらいの利息がもらえる?

A:税引き前の利息は6000円、税引き後は4781円受け取れます

今回は、金利0.3%の定期預金に、200万円を1年間預けたときの利息について解説します。

定期預金に預けた利息には、20.315%の税金(所得税+所得税額の2.1%相当額(復興特別所得税として令和19年12月31日まで))が引かれます。把握しておきましょう。

では、200万円を金利0.3%で1年間預けた場合に、実際に受け取れる金利を計算してみると以下のようになります。

税引き前受取利息=200万円×0.3%(0.003)=6000円
税引き後受取利息=6000円-(6000円×20.315%(0.20315))=4781.1円≒4781円

つまり200万円を金利0.3%で1年間預けて得た利息6000円から、所得税等の税金が引かれ、4781円の利息が受け取れるということになります。

なお、定期預金の満期前に途中解約してしまうと、普通預金の金利となり、定期預金の金利よりも低くなってしまいます。満期日が到来するまでの期間は、使う予定のないお金を預けるようにするといいと思います。200万円を定期預金に預けるのであれば、100万円の定期預金を2本に分けてみるのもいいでしょう。もし満期までにお金が必要になった場合は、1本だけ解約することもできますよ。

※専門家に質問がある人はこちらから応募するか、コメント欄への書き込みをお願いします。

監修・文/深川 弘恵(ファイナンシャルプランナー)
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/7/31まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます