預金・貯金

普通預金の利息は複利で増えるの?

お金のこと、難しいですよね。老後の不安から、ますますお金を貯めたい、家計を守りたい、と思っている人も多いのではないでしょうか。皆さんからのちょっとした疑問にオールアバウトの専門家が回答するコーナーです。今回は、普通預金の利息は、複利で増えるのかついてです。専門家に質問したい人は、コメント欄に書き込みをお願いします。

執筆者:All About 編集部

  • Comment Page Icon
お金のこと、難しいですよね。老後の不安から、ますますお金を貯めたい、家計を守りたい、と思っている人も多いのではないでしょうか。皆さんからのちょっとした疑問にオールアバウトの専門家が回答するコーナーです。今回は、普通預金の利息は、複利で増えるのかについてです。専門家に質問したい人は、コメント欄に書き込みをお願いします。

Q:普通預金の利息は複利で増えるの?

「定期預金の利息は複利で増えるということですが、普通預金に預けた場合の利息も複利で増えますか?」(匿名希望)
普通預金の利息について解説!

普通預金の利息について解説!

A:普通預金は、日々残高が変動する可能性があるため、複利で計算されません

結論からいうと、普通預金の利息は、毎日、1日分ずつ計算され、半年に一度、合計されて普通預金口座に預け入れされます(これを利息決算といいます)。預金残高が変わる可能性がありますので、複利計算とはなりません。

そもそも普通預金は、定期預金と違いお金を自由に出し入れできる、使い勝手のいい預金です。そのため定期預金のように『一定期間の預金残高が一定』ということはなく、その日の出し入れに応じて日々の残高が変わる可能性があります。したがって、普通預金の利息は、日々の最終残高(1000円以上)に対して、毎日日割りで計算されます。

つまり、普通預金の1日分の利息の計算式は、以下となります。
・普通預金の1日分の利息=普通預金の最終残高×金利÷365

多くの銀行では、日々計算された利息は合計され、半年ごと(2月・8月)に普通預金に預け入れされます(一部、違う銀行もあります)。なお、半年ごとに預金に預け入れされる時には、税金((所得税+復興特別所得税)+住民税=20.315%)が差し引かれて預け入れされます。

また、日々の最終残高が1000円未満の場合は、利息はつきません。日々計算で適用される金利は、市場の金利動向などで随時見直しされています。

※専門家に質問がある人はこちらから応募するか、コメント欄への書き込みをお願いします。

監修・文/深川 弘恵(ファイナンシャルプランナー)
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/6/30まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます