iPhoneで撮影した写真に後からボケ感を追加する方法

iPhoneで撮影した写真に後からボケ感を追加する方法

iPhoneには「ポートレート」というモードがあり、それを使えば一眼レフで撮影したときのような「ボケ感」を演出することができます。

しかしこれは、撮影のときに「ポートレートモード」を選択する必要があるのが問題。シャッターチャンスを逃したくないタイミングで、このひと手間を面倒に感じることも多いのです。

また、撮影したあとに「あー、この写真、背景をぼかしたらいい感じに仕上がるんだけどなぁ」と、後から気づくことも少なくありません。

そんなときに役立つのが「Focos」というアプリ。

ダウンロードリンク:「Focos|無料|大口径デジタル一眼レフカメラ

撮影した写真に、あとからボケ感を加えることができます。しかもこのアプリは、ポートレート機能を持たないiPhoneでも利用できます。
 

アプリ「Focos」とは

「Focos」は、無料で使える写真編集アプリ。有料プランもありますが、今回の使用用途では無料の範囲で十分です。

iPhoneで撮影した写真をアプリ「Focos」に取り込むと、「Focos」が写真を解析。写真の奥行きを計算して、ピントを合わせる場所をあとから自由に変更できるようになります。

また、写真の奥行きを認識できるので、写真を3Dで観察できたり、光源を好きな場所に追加して陰影をコントロールすることもできます。
iPhoneで撮影した写真に後からボケ感を追加する方法

写真を3Dで観察できたり、光源を好きな場所に追加して陰影をコントロールすることも

 

アプリ「Focos」の使い方

それでは具体的に、写真にボケ感を追加する手順をご紹介します。

1. 
Focosを起動したら、編集したい写真を選択。すると写真の被写体深度の計算がはじまります。解析がおわると、自動的に“いい感じのボケ感”を作ってくれます。
iPhoneで撮影した写真に後からボケ感を追加する方法

自動で“いい感じのボケ感”を作ってくれる

これだけでも十分に役立ちますが、面白いのはここからです。

2. 
メニューの中から「フォーカス」を選択。目盛りを左右に動かすことで、ピントの合う場所を決められます。

3. 
写真の中の波紋が前後に動きますので、ピントを合わせたい場所に合わせます。
iPhoneで撮影した写真に後からボケ感を追加する方法

ピントを合わせる


4. 
次に「サイズ」を選択。同じく目盛りを左右に動かすと、今度はボケの強さを調整できます。

5. 
カメラと同じように「f値」が表示されます。値が小さくなればなるほど、ピントの合う範囲が狭くなり、ボケが強くなります。
iPhoneで撮影した写真に後からボケ感を追加する方法

値が小さくなればなるほど、ボケが強くなる

 

編集前と編集後の比較

以下の写真が、編集前と編集後の比較です。のっぺりした写真だったのが、一気に被写体の主人公感が増しますね。
iPhoneで撮影した写真に後からボケ感を追加する方法

ボケ感が出た

あとはLightroomなどの画像編集アプリを利用して、色彩やコントラストなどを調整すれば、ノーマルで撮ったものとは比べ物にならないほど映える写真ができあがります。ぜひお試しください。


【おすすめ記事】
「iPhoneの裏技」記事一覧
「iOS 16」の進化ポイントまとめ! 注目の新機能を厳選して紹介
iPhoneだけで画像のHEIC形式をJPEG形式に変換する方法
iOS 15でiPhoneの「写真」アプリが進化! 知っておきたい便利機能まとめ
iPhoneであらゆるPDFを保存する方法まとめ! 写真、メール、Webページ等に対応
iPhoneの標準アプリ「計算機」の便利な5つのテクニック


 


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。