LINEで連絡するのは時代遅れ?

LINEやSNSでのコミュニケーションにおいて、ジェネレーションギャップを感じたことがある人は多いのでは。今回は、30代女性が20代の従妹とのやりとりで感じた「世代間ギャップ」エピソードをご紹介します。

ある日、10歳年下の従妹にLINEで連絡をしたけれどいつまで経っても返事がない……。ところが、別ツールでDM(ダイレクトメッセージ)を送ってみたら速攻でリアクションが!
インスタDM
インスタDM
インスタDM
インスタDM
インスタDM
インスタDM
インスタDM
インスタDM
イラスト:poko

連絡手段ひとつとっても、世代ごとにメインストリームは異なるようですね。しかし、相手によってその都度、連絡ツールを変えるのは手間がかかるかも……。連絡手段が増えたことで新たな悩みも生まれそうです。

【おすすめ記事】
【マンガ】LINEの無料スタンプを「乱用」するアラフォー店長…世代間ギャップを感じた衝撃のワケとは
【マンガ】スタンプで会話を終わるのはナシ!? おばあちゃんとのLINEで感じたジェネレーションギャップ


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。