知っておきたい基礎知識 <飛行機編>

―いつから乗れるの?―
飛行機
子供と一緒の初めてのフライトは不安もいっぱい
飛行機に乗れるのはJAL、ANAともに規定では生後8日からとなっており、国内線では子供は生後8日~2歳まで(3歳未満)の「幼児」と、3歳以上~11歳(12歳未満)の「小児」に分けて考えられます。電車との違いは、小学生であっても12歳になると「大人」料金が適用される点です。また、「幼児」には必ず12歳以上の「大人」が同伴しなくてはなりません(でもこれは考えれば当たり前ですね)。

―幼児は無料?―

国際線の場合は座席を使用しない2歳未満の幼児も大人運賃の約10%の幼児運賃がかかりますが、国内線では座席を使用しない3歳未満の「幼児」は無料です。

ただし、「大人」1名につき同伴できる3歳未満の「幼児」は2名まで。そして「大人」1名に「幼児」が1名の場合、座席を使用しない「幼児」は無料ですが、「大人」1名に「幼児」2名の場合は、「幼児」のうち1名は座席を使用し、「小児」航空券を購入しなくてはなりません。これは現実問題として、着席しなければ飛べない座席指定制の飛行機内で、大人1人のひざの上に幼児2人を乗せるのは無理だと考えれば合点がいきます。座席を使用するのが2歳未満の赤ちゃんの場合には、チャイルドシートを持ち込むか、航空会社によってはレンタルを利用して座らせることになります。

また、幼児の搭乗人数には制限があり、そのため座席を使用しなくても「幼児搭乗券」が発行されます。予約時、ならびに航空券購入時に申請するのをお忘れなく。

―小児運賃について―
3歳~12歳未満の「小児」、および座席を使用する3歳未満の「幼児」に適用されるのが「小児運賃」です。正規航空券では、「小児運賃」は「大人」の約50%ですが、国内線の正規割引運賃(※PEX航空券:JALの「先得割引」や、ANAの「旅割」など)には多くの場合「小児運賃」の設定がなく、小児は大人と同額です。そのためネットでPEX航空券の予約を大人と小児同伴ですると、小児には割引運賃と小児普通運賃とを比較して、安価な方の運賃(PEX航空券の割引率が50%以下であれば、小児は小児普通運賃の方が安くなるため)が自動的に適用されます。

“お得”といえば、家族の誰かがJALのマイレージ会員であれば「おともdeマイル割引」のようなグループ(2~4名)でお得になるものも見逃せません。また、「小児」はマイレージがたまるので、家族のそれぞれがためたマイルを特典交換の際に合わせて利用できるJALカード会員限定のサービス「JALカード家族プログラム」もファミリー必見です。

なお、格安航空券は安価ですが、小児運賃がなかったり、予約の変更や取り消し、シートの事前予約などに制限があるため、価格だけでなく内容も良く吟味してからどの航空券を手配するか決めましょう。

―子供向けサービスにはどんなものがある?
航空会社によっては幼児を対象に空港内で搭乗口まで使用できるベビーカーの貸し出しがあります。また、3歳未満の幼児連れの家族は優先的に搭乗できるため、アナウンスを聞き逃さないようにしましょう。機内ではミルク作りの手伝い(ミルクは要持参)などもお願いできます。

オムツ換えにはオムツ交換台付きの化粧室がある機材もありますが、乗り込む前にオムツ換えはしておくようにしましょう。航空会社によっては機内にオムツの予備も用意されていますが、サイズが限られているので、こちらもあくまでも万が一のときの予備として考えておいた方がよいでしょう。

チャイルドシートに関しては持ち込みも可能ですが、手持ちのものが所定の基準を満たしている場合に限られます(各航空会社の公式サイト参照)。JALでは3歳未満の座席を確保した幼児を対象に無料の貸し出し用チャイルドシートも用意しています(要事前予約)。赤ちゃん専用毛布の貸し出しがあるのも、現在JALだけのサービスです。

なお、バシネット(赤ちゃん用ベッド)の利用を希望する場合は、事前のリクエストが必要です。利用には赤ちゃんの体重制限を設けているので確認を。またバシネットを利用できる機材とできない機材があること、台数に限りがあることは承知しておきましょう。

JALとANAでは、機内で幼児と子供に玩具などのプレゼントもあります。これは無料で搭乗している幼児も対象となります。

―幼児同伴で制限されることは?―
幼児連れの場合は、安全上の理由から非常口座席と2階席は利用できません。ただし、満2歳で座席を使用(航空券を購入)する場合は航空会社により、2階席の利用は可能な場合もあります。

【関連】子連れで利用するLCC(格安航空)ガイド

>>子連れで飛行機に乗るときのマナー&快適な利用のためのコツ