話題のスイーツ「トロぺジェンヌ」って!?

トロぺジェンヌ

ピンクのパッケージがかわいい!

3月29日の発売以来、SNSなどでも話題となり、好調な売れ行きを見せているのが、ファミリーマートの「トロぺジェンヌ」(税込230円)。日本人にはまだ耳馴れない言葉ですが、いったいどんなスイーツなのでしょうか。

 

ブリオッシュ&クリームのシンプルなお菓子

トロぺジェンヌ

見た目にもふんわりとした生地で、クリームがサンドされています

 「トロペジェンヌ(タルト・トロぺジェンヌ)」は、南フランスのサントロペで誕生した地方菓子。丸いブリオッシュにクリームをはさみ、表面にあられ糖をふったシンプルなお菓子で、最近ではフランス産A.O.P.認定発酵バター「エシレ」が手掛けるパティスリーで発売したことでも話題になっています。

ブリオッシュにクリームという組み合わせは、2021年に大ヒットした「マリトッツォ」とも似ていますね。

 

こだわりの素材は、ブルターニュ産発酵バター

トロぺジェンヌ

生地から飛び出すほどクリームがたっぷり

ファミリーマートの「トロぺジェンヌ」は、口どけのよいブリオッシュ生地に、濃厚なカスタードクリームをサンド。生地とクリーム、いずれにもブルターニュ産発酵バターを配合しており、コクのある味わいが魅力です。

 

バターの余韻を感じる、濃厚な味わい

トロぺジェンヌ

ひんやりとしたクリームの口どけがいい

生地は歯切れがよく、ふわっとした食感。カスタードクリームはこっくりと濃厚な味わいで、ひんやりとしているのでカスタードアイスのような印象も受けます。ゆっくりと口の中で咀嚼すると、後味にバターのコクを感じられます。

 

シャリッとしたあられ糖がアクセント

トロぺジェンヌ

あられ糖の甘みと食感が、異国のお菓子の甘さを表現しています

ひとくちめからガツン!とバターのインパクトがきて、さらに表面にトッピングされたあられ糖のシャリシャリとした食感と甘みがアクセントになっています。甘みはしっかりありますが、生地がソフトなので意外にペロリと食べられてしまいます。

 

「トロぺジェンヌ」には、ヒットのいろんな要素が詰まってる!

トロぺジェンヌ

バタークリーム好き、カスタード好きの方はぜひ食べてみて!

ブリオッシュとカスタードクリームというシンプルな組み合わせは、万人に親しみやすい味わい。さらに、「トロぺジェンヌ」という言葉の響きも、なんとなく「マリトッツォ」に似てポップな印象があります。

2022年はカスタードのお菓子もじわじわ注目度が上がっています。今後ブレイクしそうなスイーツとして、要チェックですね!


<最新のコンビニスイーツ記事>
人気のいちごスイーツ専門店とローソンがコラボ!いちごと濃厚ミルクが溶け合うおいしさ
バニラ&ミルクの濃厚クリームとサクサクパイを味わう「サクコローネ」がローソンから新登場!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。