アップルの「iPhone SE」が第3世代に生まれ変わった。第2世代は2020年4月に発売されたので、2年ぶりの後継機種となる。

しかし、iPhone SE(第3世代)の見た目やデザイン、大きさは第2世代と全く変わっていない。アップルは第2世代から第3世代に進化させる上で、外観には全く手を入れることはしなかったのだ。

見た目が全く一緒だからといって決して「進化していない」という訳では全くない。
 

5G対応、新チップ搭載……iPhone SE(第3世代)の進化ポイントは

iPhone SE(第3世代)

iPhone SE(第3世代)

iPhone SE(第3世代)では、4Gから5G対応に生まれ変わった。5GはNTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルで2020年から始まっており、サービスエリアが拡大しつつある。

実際にiPhone SE(第3世代)を持って街中を歩いてみると、5Gでつながる場所が結構多かったりする。ただ、そこでスピードテストアプリを起動してみると、4Gよりも爆速なこともあれば、4Gよりも遅かったりする。5Gにつながっていると思って、スピードテストアプリを起動すると4Gになってしまうことも珍しくない。

現状、5Gエリアは広がっているが、安定して5G通信ができるかといえば結構微妙だ。しかし、今後数年をかけて、5Gエリアが当たり前になってくると予想されるため、いまiPhone SEを購入するなら、第2世代よりも第3世代を選んでおいたほうがいいだろう。

iPhone SE(第3世代)を使っていて便利だと感じるのがTouch ID(指紋認証)だ。

新型コロナウイルスや花粉対策でマスクをしている時間が長いが、マスクを口元からずらす必要がなく、指紋で画面ロックを解除できるのはかなり便利だ。

ただ、アップルではiOS 15.4から、マスクをした状態でもロックが解除できるようにソフトウェアのアップデートを行っている。iPhone 12シリーズ以降のFace ID対応機種であれば、マスクを着用したまま、画面のロック解除やApple Payで支払う際のロック解除ができるようになった。

実際に、普段使用している「iPhone 13 Pro」をiOS 15.4にアップデートしたが、マスクを外さずにロック解除できるのはかなり快適だ。顔の上半分をうまく認識しない場合には顔をちょっと下に向けなければならないという面倒くささはあるが、2年ぶりに「ロックを解除するためにパスコードを打ち込む」という手間から解放されて、かなり心地よい。

「マスク姿でロック解除が面倒だから指紋認証のiPhone SEじゃないと」というiPhoneの選択方法はなくなった。


>次ページ:「iPhone 13シリーズ」と同じ新チップを搭載