セリア:ワイヤーディッシュラック 1つ110円(税込み)

セリアの「ワイヤーディッシュラック」/価格:110円(税込)


セリアの「ワイヤーディッシュラック」は、食器棚の中でお皿の重なりすぎを改善し、出し入れしやすくする定番の人気アイテムです。

もちろんそのままでもかなり優秀なアイテムなのですが、使い方を変えると、いろいろな使い方ができるんです! そこで私が実践する、おすすめの使い方をご紹介します。
 

基本の使い方:お皿の収納ラックとして使用

お皿を2段にすることで出し入れしやすくなる

お皿を2段にすることで出し入れしやすくなる


通常の使い方は、上の画像のようにお皿を重ねずに収納するものです。お皿や食器などを重ねすぎて収納すると、下のお皿を出すときにいったん上のお皿をおろす必要があって、出し入れがしづらいですよね。

そんな時に役立つアイテムが「ワイヤーディッシュラック」です。私もお客様の食器棚収納の改善に伺うときに、よく持参するアイテムの1つです。
 
コの字ラックだと両側の足が邪魔になってしまう場合がある

コの字ラックだと両側の足が邪魔になってしまう場合がある


よくあるコの字ラックだと、両側の足部分が邪魔になってしまい、大きめのお皿はうまく収納できません。しかしこの「ワイヤーディッシュラック」は両側が空いているので、下に入れるお皿の大きさを気にせず収納できるんです! ここが最大の使いやすさのポイントだと思います。
 

【基本編】冷蔵庫で残り物などを2段にして保存

冷蔵庫内で余りものを入れておくときも省スペース

冷蔵庫内で余りものを入れておくときも省スペース


冷蔵庫に残り物をお皿のまま収納する場合、場所をとってしまい困ってしまいますよね。タッパーなどを利用すれば重ねられますが、またすぐに食べるときは、お皿のままラップをして入れる方がラクなことも。

そんな時にこの「ワイヤーディッシュラック」を使えば、省スペースで収納できるんです。

このワイヤーラックの形状を活かして棚板に差し込んで使う方法と、フックなどを活用して吊り下げて使用する活用法があります。

 

【応用編1】ラップやシート類のホルダーとして使用

扉裏にフックでひっかけて、ラップ類の収納場所に

扉裏にフックでひっかけて、ラップ類の収納場所に


キッチンのシンク下の扉裏にフックで引っ掛けると、ラップ類の収納場所ができます。「ワイヤーディッシュラック」の隙間がラップ類の収納にちょうどよいサイズなんです◎。

また、吊戸棚の棚板の下に差し込んでラップ類を収納することもできます。 
 

【応用編2】ボックスティッシュもピッタリ収納

S字フックで引っ掛けて収納

S字フックで引っ掛けて収納

かなりイチオシなのはボックスティッシュの収納です。「ワイヤーディッシュラック」の幅にボックスティッシュがシンデレラフィット! 画像はS字フックと組み合わせてひっかけて収納していますが、棚板に差し込んで使用したりしても、もちろんOKですよ。

ロールタイプではない、キッチンペーパーやペーパータオルにピッタリです。
 

【応用編3】リモコン収納にも使える!

収納棚のちょっとした隙間にリモコンの定位置を作れる

収納棚のちょっとした隙間にリモコンの定位置を作れる


本棚やリビング収納庫内などの棚板に差し込んで、リモコン類の定位置を作るのもおすすめです。

元から、棚に差し込んで使用するタイプのワイヤーラックは存在しますが、もう少し大きなサイズが多いです。この「ワイヤーディッシュラック」なら、8cmほどの小さなデッドスペースに収納スペースが作れるのがいいですね。

セリアの「ワイヤーディッシュラック」のいろいろな活用術をご紹介しました。様々な用途で活用できるのもとても良いですが、シンプルなデザイン性と、スチール製のしっかりとした造りが、お気に入りのポイントです。

ご自宅にピッタリな使い方を見つけてみてくださいね。


DATA
セリア┃ワイヤーディッシュラック


サイズ:幅18㎝×奥行19㎝×高さ8㎝
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。