孤独に押しつぶされそうになった時の原因と対策4つ

孤独に押しつぶされそうになったとき、どうすればいい?

部屋に1人でいるときや、眠れない夜にふと感じる「孤独」。孤独で押しつぶされそうになるとき、ついネガティブに考え、悪い方向に向かってしまう人もいます。孤独に負けそうなとき、どんなことに気づき、どんな行動をとればいいのでしょうか。具体的な対応策を4つ提案します。
 

まず「なぜ、孤独に押しつぶされそうなのか」を理解する

孤独に押しつぶされそうなときは「自分の感情に振り回されている状態」だといえます。ですから、客観的に今の自分を見つめる訓練が必要です。そもそも、なぜ人は孤独に押しつぶされそうになることがあるのでしょうか。例えば、以下のようなことが原因だと考えられます。

1:暇で退屈だから、気分が落ちている
2:楽しそうな人と比べるから、孤独を感じる
3:依存していた相手にフラれたから、孤独に陥っている
4:孤独を受け止められないから、つぶれそうになる


それぞれの原因にあった解決方法を1つずつ紹介していきます。
 

1:暇で退屈だから、気分が落ちている

静かに自己と向き合うことが苦手な人は、暇で退屈なときほど気分が落ちてしまい、負の感情に振り回されがちです。本来は、こんなときこそ自分の心の奥底を冷静に見つめ、「自分は何を望んでいて、それを叶えるためにはどうしたらいいのか」などを深く考えるのが大切。ですが、それができなくて悪い方向に進んでしまうくらいであれば、とりあえず気を紛らわせたほうがいいでしょう。

暗い部屋に1人でいると気分が落ち込みやすくなるので、お日様が出ている時間帯に外の空気を吸いに行ったり、逆に外が暗くなっている時間帯には、早く寝ることを選択したりしましょう。寝ることで心をリセットできることもあります。

また、趣味などの「好きなこと」に没頭していて孤独に陥る人はあまりいません。孤独を感じそうなときほど、「自分を喜ばせること」をしてみましょう。また、主人公に感情移入できるような映画を観たり、小説を読んだりするのもいいでしょう。本を読むなら、「孤独を克服させるヒントとなる本」を読んでもいいですしね。

もし1人では乗り切れられないほど辛いときは、きちんと誰かに助けを求めましょう。親や親しい友だちはもちろんのこと、「こころの相談の窓口」に連絡をするという選択肢もあります。
 

2:楽しそうな人と比べるから、孤独を感じる

孤独に押しつぶされそうになる人ほど、視野が狭くなっている可能性も。楽しそうにしている人と自分を比べ、「私だけがこの世で天涯孤独で不幸な人間だ」なんて思ってしまい、周りのことが見えていないから、余計に孤独を感じるのです。

誰もが皆、愛するパートナーがいたり、家族団らんで楽しんでいたりするわけではありません。また、どんなに近しい存在がいても、いつでも心が通じ合えるわけではないので、パートナーがいようと、家族がいようと、孤独を感じることはあります。

自分だけが孤独な存在ではないことをきちんと理解し、むしろ周りに孤独な人がいたら、手を差し伸べられるようになるといいでしょう。そうしたら、いつのまにか自分も孤独ではなくなっているはずです。
 

3:依存していた相手にフラれたから、孤独に陥っている

失恋などで孤独に陥っている場合は、少し対策が変わります。精神的に自立している人は、失恋をしたら寂しさを感じつつも、なんとか乗り越えていけるでしょう。しかし、人に依存してしまう人は、自分で自分を支えることができないので、孤独に心がついていけない場合もあるはず。そんなときこそ、「精神的な自立」を学ぶチャンスなのです。

精神的に自立できるようになると、生きるのが楽になります。誰かに頼らなくても、自分1人で快適に過ごせるようになるからです。ただ、どうしても苦しくて仕方がない場合は、親しい友人などに連絡をとって、話を聞いてもらいましょう。それだけでも心は落ち着きます。

1人で家にいるのが辛いときは、「動物や植物を育てる」のもおすすめです。家の中に自分以外に生きている存在があることで、心が癒されることも。失恋をしたときほど、家にお花を飾るようにするといいでしょう。

ペットを飼うと、その純粋な愛情ゆえに「1人ぼっちではない」と思えることがあります。ただし、飼う場合は、最期までお世話をする覚悟が大切ですよ。
 

4:孤独を受け止められないから、つぶれそうになる

先ほども伝えたように、家族がいようが、パートナーがいようが、人は誰もが孤独な存在です。結局、人間は1人で生まれ、1人で死んでいくのが定めであり、「自分の人生を1人で歩む旅人」のようなものだからです。ゆえに、誰かの人生に乗っかることはできません。

孤独から逃れようと思えば思うほど、苦しんでしまうことがあります。だから、腹をくくって、孤独を受け止めてしまったほうが、楽になれるでしょう。孤独は「あるもの」として捉え、「孤独と上手に付き合っていくにはどうしたらいいのか」と考えられるようになると、だんだん孤独を恐れなくなってくるはずです。

孤独に陥ってしまいそうなときほど、冷静に自分を客観視して、今回、ご紹介した対策案を参考にして、どうか乗り切ってくださいね。

【編集部からのお知らせ】
お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12(水)から1/21(金)まで、10日連続で配信中!
茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金、マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
1日目2022年12星座の金運総覧! あなたはお金が貯まる体質? 投資がうまい体質?」を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。