かゆいところに手が届く魅力的なお掃除グッズは数あれど、いざ使ってみると「これ要らなかった……」というパターンは意外と多いもの。

今回はAll About編集部が実施したアンケート調査をもとに、「2021年に購入した中で無駄だと思ったキッチン用お掃除グッズ」3選を紹介。家事アドバイザーの筆者が、キッチン用お掃除グッズの選び方を解説します。

※アンケートは、下記条件で実施
・男女比:男性 129名/女性 345名/回答しない 7名
・年齢比:10代 7名/20代 90名/30代 188名/40代 126名/50代 58名/60代 12名
・アンケート実施期間:2021年11月19日~29日
 

キッチン掃除用品部門1位:「100円ショップで買ったスポンジ」

キッチン掃除用品部門1位は「100円ショップで買ったスポンジ」。多くの人が買って無駄だったと感じてしまった理由は以下の通り。

・100円ショップの動物の形のスポンジは使いにくかった。(20代 女性)
・わざわざ100円ショップに行かなくても、近所のコンビニで購入できる為。(50代 男性)
・薄くてすぐボロボロになってしまう。泡立ちも悪く、ストレスになる。(20代 女性)

100円ショップのキッチンスポンジは種類が豊富。商品によっては確かにすぐに弾力性がなくなり泡立ちが悪くなってしまうものもあります。

しかし商品によっては全く問題なく使えるものがあるのも事実。そのため、1つ買ってダメだったからと諦めてしまうのはもったいないので、いくつか試してみてはいかがでしょうか。

スポンジ自体も汚れや菌がついてしまうものなので、安価な100円ショップのスポンジを短いサイクルで交換していくというのもひとつの方法です。
 

キッチン掃除用品部門2位:「水筒用スポンジ」

キッチン掃除用品部門2位は「水筒用スポンジ」。

・汚れが取れない。(30代 男性)
・棒が長く、置き場に困ったため。(30代 男性)
・なぜか伸縮するノズルで、そこが使いづらかったから。(40代 女性)

マイボトルを持ち歩く人が増えた今、水筒用のスポンジの需要は伸びています。水筒用のスポンジは柄の長いものが多く、それが邪魔になってしまう方には、小さなスポンジと洗剤、水を水筒の中に入れて、シャカシャカ振るタイプのものがおすすめです。

柄が長いものも邪魔にならないという方は、スポンジタイプのものや、ブラシタイプのものなどがありますので、どちらのタイプが自分にとって使いやすいか試してみてはいかがでしょうか。

スポンジタイプのものは泡立ちがよく優しく洗え、ブラシタイプのものはしっかり洗うことができます。
 

キッチン掃除用品部門3位:「メラミンスポンジ」

キッチン掃除用品部門3位は「メラミンスポンジ」。

・使えない素材の食器や調理器具があったため。(50代 女性)
・意外と使わない。(30代 女性)

水だけで汚れが落ちるメラミンスポンジは便利ですね。カルキ汚れで曇っていた水道のカランなどもピカピカになります。

ただし使えない素材もあるので、注意は必要です。光沢があるものや、コーティングがされている素材のものは避けたほうがよいでしょう。コーティングが剥がれてしまう可能性もあります。

メラミンスポンジが使えない場所には、一般的なソフトスポンジと洗剤を使い、水ですすいでから乾いた布で乾拭きをすると汚れも落ち、ピカピカになるのでおすすめです。

余ってしまったメラミンスポンジはキッチン以外でも浴室の水道まわりや、窓ガラスなどの汚れにも使うことができますよ。
 

「買ってはいけないキッチン用お掃除グッズ」を買わないためには?

キッチンのお掃除グッズも種類が豊富にあります。「便利そうだから」と買ってしまうとキッチンが掃除グッズだらけになってしまうことにもなりかねません。

まずは自分が何を綺麗にしたいか、何に不便を感じているかを考えることが必要です。その上で、解決してくれるキッチン用お掃除グッズを買うようにしましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。