応用編:扱いにくい衣類のアイロンがけ

プリーツスカート
ヒダがずれてかけにくいプリーツスカート。当て布をしてかける場合はますますですね。まず平ゴムを準備し、全体をアイロン台に固定してから始めると、すべりにくく、かけやすくなります。

裾からウエストに向かってかけ進めると、よりずれにくいです。アイロン台からはみ出る場合は、とりあえず一度全体を固定してかけ、ずらしてまたかけてを繰り返します。


パンツ
片方ずつ、折り山をしっかりきめて手で形を整えてからかけます。裾からウエストへ向かって。腰まわりは、タオルを入れて少しでもお尻に近いカーブを作ってからかけるときれいに仕上がりやすくなります。

セーター
アイロンは「スチーム」にし、生地に直接当てずに浮かして蒸気をふきかけることで、シワをのばします。

スーツのシワ
スーツに部分的についたシワは気になりますね。スーツはハンガーにかけた状態で、スチームアイロンを浮かしながら蒸気を当ててのばします。立てると蒸気が出ないアイロンなら、平たいところに置いて同様にします。アイロンミトンがあると便利ですよ。

結局は数をこなしてカラダで覚えるのが一番と言われるアイロンがけですが、ポイントを確認しておけば近道でマスターできる……はず!


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で洗濯グッズを見る

Amazonで洗濯グッズを見る



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。