お風呂で髪や体を洗う際、イスを使用するご家庭は多いと思います。一方で、イスの衛生面や掃除などメンテナンスの面倒くささから、「必要ないのでは?」と感じた経験をお持ちの方も少なくないのでは。

今回は、All About編集部が実施したアンケートより、「お風呂のイス」いる派といらない派それぞれの主張を紹介します。

※アンケートは全国各地500名を対象に実施
※アンケート実施期間:2021年7月19日~2021年7月26日

 

お風呂のイスを「使っている」人は70%

アンケート結果を発表します。下に示しているのは、全国各地の男女500名に行った「お風呂のイスを使用していますか?」という質問に対する回答です。

お風呂のイスの使用有無

お風呂のイスの使用有無


今回のアンケートでは、「使っている」が約70%で多数派となりました。

>>3人に1人は1カ月に1回も掃除をしない!? 絶対NGなお風呂イスの管理方法

「使っている」派、「使っていない」派のそれぞれの理由は下記です。

〇「使っている」派の意見
・体や髪を洗う際にイスを使用したほうが体勢を楽に保持できるから(東京都 43歳 男性)
・子どもと一緒にお風呂に入るとき風呂イスがないとしんどいので使用しています(神奈川県 28歳 女性)
・湯舟に浸かっているとき以外ずっと立ちっぱなしだとしんどいため(奈良県 44歳 女性)

〇「使っていない」派の意見
・掃除が大変だからです。また衛生面も気になります(愛知県 40歳 女性)
・カビが生えやすく、掃除が大変なため利用しない(沖縄県 26歳 女性)
・狭い浴室だし、イスは必要ないと思うので使っていない(東京都 45歳 女性)

「使っている」派からは「丁寧に洗いたい」や「体勢が楽だから」という理由が多く寄せられました。また、子どもと一緒に入るときに必要だと感じる人も多いようです。

一方で「使っていない」派からは、「衛生面」の問題が多く指摘されました。多湿環境である浴室に、掃除の手間が増えるものを置いておきたくないと考えている人は多いようです。

お風呂のイスの衛生面が気になりますか?

お風呂のイスの衛生面が気になりますか?


事実、「お風呂のイスの衛生面が気になりますか?」という質問には、使っている人も含めて約8割が「ある」と回答しています。
 

これをすればOK! きれいに保つためのヒント3つ

今回は、お風呂のイスをキレイに保つためのヒントを3つ紹介します。

〇水で流して立てかける習慣づけを
使っていない時の置き方は、斜めに立てかけるのがいいとされます。内側は汚れも残りがちですし乾きも悪いです。斜めにすることで少しでも内側が乾きやすくなるようにします。

〇使った直後にすぐ洗い流す
自分も家族も、使い終わった人は必ず洗い流す決まりにしましょう。汚れは時間が経つとこびりついて取りにくくなりますが、石けんの泡や皮脂なども付着してすぐなら落ちやすいためです。

〇週に一度は洗って乾かして
週に一度でもいいので、ブラシやスポンジなどで汚れを落とし、裏側まで乾かしましょう。こびりつき汚れには洗剤をつかい、汚れがひどい時には浸け置き洗いを。さらに大事なのは洗った後にしっかり乾かすことです。

どれもすぐに実践できるものばかりですので、ぜひ今日から取り入れてみてください。