既婚者との不倫・別れ:婚活アプリに未婚と偽り登録していた彼

既婚者との不倫・別れ:婚活アプリに未婚と偽り登録していた彼

既婚者との不倫・別れ:婚活アプリに未婚と偽り登録していた彼

40代で離婚してから数年後、再婚・出産へ向けて婚活を始めたはずが、なぜか既婚男性との不倫に足を踏み入れてしまったCAさん。詳しい経緯について伺います。

(こちらの体験談は、あくまで個人の経験・感想に基づくものです。あくまで参考情報としてご利用ください。また、けっして不貞行為を推奨するものではありません)

Q:不倫に至ってしまった経緯と、お相手のプロフィールについて教えてください。

当時、私は婚活用のマッチングアプリを使って婚活に励んでいました。そこで出会ったのが、3歳年下の彼です。

既婚男性と婚活用アプリで出会うなんて、おかしな話ですよね。詳しくは追ってお話ししますが、彼は独身のふりをしてアプリに登録していたんです。

彼のことは正直、外見的にはまったくタイプではありませんでした。ただ、会う前のメッセージの段階で、すごく話が盛り上がりまして。語学と美術という関心事が共通していて、かつ学んでいる言語や好きな芸術家も一致していました。マッチングアプリでそこまで話せる相手はレアだったので、とりあえず会うことにしたんです。

実際デートしてみたら、メッセージ以上に大盛りあがり。あっという間に時間が過ぎていきました。そして「私、あの人のことがもっと知りたい」と思い始めた矢先、彼から「実は僕、既婚者なんです」と告白されたんです。

彼曰く「どうしてもロマンスがほしかった。既婚者だと言ったら、誰も恋愛対象として見てくれないだろうと思い、独身のふりをしてしまった」とのことでした。そして「CAさんのことを好きになってしまった。身勝手なことは十分承知しているけれど、また会いたい」と訴えてきました。

最初はもちろん、きっぱり断りました。でも、すでに連絡先だけは交換してしまっていたんです。そのため、その後も1、2回だけ「ご飯だけでも」という連絡があったんです。

今思えばその時点でブロックすべきだったのですが、当時は婚活を頑張っても頑張ってもいいなと思える人に出会えずげんなりしていたこともあり、ある日ふと「ご飯だけならいいですよ」と返信してしまったんです。

彼はとても素直な人で、「もうダメだと思っていたから嬉しい!」と、子供のように喜んでくれました。結局もう一度会ったら「ご飯だけ」とはいかず、グイグイアプローチされて、不倫関係に陥ってしまいました。

=====

この先は「経験シェアリングサービス『エクシェア』note版」にてお読みいただけます(有料)。

「不倫を清算したきっかけ」「不倫の苦しさをどうやって解消し、乗り越えてきたか」、そして「婚活中は、再婚・出産願望について、男性にどう伝えているか」などについても、詳しくお話しいただいておりますので、ぜひご一読ください。



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。