どこからが不倫? された側の妻に「不倫の定義」を聞いてみた

どこからが不倫? された側の妻に「不倫の定義」を聞いてみた

「不倫の定義」として決まっているのはただひとつ、「結婚している人が、伴侶以外の人と恋愛関係にある」ことです。法的には「不貞行為(肉体関係)があったかどうか」がひとつの基準となるようです。

しかし不倫当事者の妻(や夫)にとっては、関係の深さより「自分以外の人と愛し合っている」時点で「それは不倫だ」と捉える人が多数。では不倫のボーダーラインはどこなのか。「された」側へのリサーチから浮き上がったのは、次の3段階でした。
 

1:基準が「恋愛感情」ならば、LINEだけでも「クロ」になる

主に妻側から多く挙がったのは「恋愛感情があるかどうか」。たとえばマッチングアプリで出会った、まだリアルで会ったことのない相手であっても、「LINEで『好き』『会いたい』『キスしたい』などのフレーズがあれば、浮気確定」なのだそう。

他にも「仕事のあと、関係者とふたりきりで食事」「取引先の女性と、休日に野球観戦」など、実際に夫がやった事例が挙げられました。

いくら夫側が「これは浮気じゃない」といっても、相手に対してほんのり恋愛感情のようなものがあることを、妻は敏感に嗅ぎつけます。世間がどう捉えようと、夫婦の一方が相手との不倫「かもしれない」行動を許せなければ、それは限りなく「クロ」なのです。
 

2:「恋愛関係」の線引きは、スキンシップがあるかどうか

恋愛感情のあるなしは、当の本人にしかわかりません。しかし恋愛関係は相手との合意がなければ成立しない以上、不倫のボーダーラインを越えたといっても過言ではないでしょう。

体の関係は「まだ」であっても、デートのときに手を繋いだり、キスやハグといった「恋愛感情がなければ許さないであろうスキンシップ」を楽しむ関係は、もはや「不貞カウントダウン」状態。

既婚者だから「恋人じゃない」という言い分がまかり通ると思っているのは、当の浮気者だけ。崖っぷちに立っている浮気カップルは、ちょっと背中を押すだけで不倫という沼に落ちてしまう(あるいは自らダイブする)段階です。

それでも妻(もしくは夫)にバレたら「つき合ってはいない」としらばっくれるでしょう。事実「まだ寝てはいないからシロ」だと、自分に言い聞かせているのかもしれません。とはいえ、尻尾をつかんだ段階で妻(もしくは夫)は「限りなくクロ」認定しているはずですが……。
 

3:肉体関係があっても、恋愛感情がなければOK?

すでに肉体関係を持ってしまったならば、法的にも不倫と認定されてしまいます。しかしこの段階でも「魔が差しただけ。恋愛感情はない」などと開き直る人もいます(私の知る限り、なぜか男性はこの愚かな言い訳がまかり通ると信じているようです)。

性欲を言い訳にするなど言語道断。いくら同意の上であろうと気持ちが入らない「性欲処理」であろうと、不倫は不倫です。

「本体(その人自身)が己の下半身を制御できなかったこと」は、既婚者である以上、立派な「悪事」です。風俗など「金で解決」する行為だったとしても、事実を知って配偶者が傷ついたならば、深く陳謝すべき事案です。
 

なにが「不倫」に該当するのかは、配偶者の価値観にもよる

ただし、上記いずれの不倫(や浮気)も、配偶者がそれを容認するならば、話は別。夫婦の数だけ、夫婦の形はあります。配偶者公認の愛人やポリアモリー的思想など、一見おかしく見えるような関係性であっても、夫婦双方が「これでOK」ならば、外野が口を挟むものではありません。

自身の気持ちに正直に、かつ包み隠さず打ち明け話し合う誠実さを持った人だからこそ、配偶者も受け入れたのか、最初からそういう人だと知ってて結婚したのかはわかりません。ただ、世の中にはそういう夫婦もいます(少数派ですが)。

「ウチの人(配偶者)も認めてくれればいいのに」。もしあなたがそう思うのであれば、最初から「浮気も不倫もOK」な人を配偶者に選べばいいこと。結婚前に確かめもせず、生涯の愛を誓っておきながら、後で「バレなきゃいい」と裏切るから「不倫(倫理に反する行為)」なのです。

他の人に心が傾いても、あるいは性欲を持て余しても、理性でコントロールできるのが、大人ならではの「誠意」です。大切な人を悲しませることは、極力慎みましょうね。


■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。