家のネット回線の速度が遅いと感じる場合、Googleが提供するインターネット速度テストを使用して、速度が速いか遅いのかを簡単にテストできます。用途に合った最適な通信速度を把握することで、より快適にネットを利用できます。
 

ネット回線の速度が遅いと感じたら 

ストリーミング動画視聴、ビデオ会議、オンラインゲーム等では、ネット回線の速度が十分でないと、大事な場面や会話が中断してストレスを感じることがあります。速度が遅いと感じた場合、または中断を避けたいネット利用の前に、Googleのインターネット速度テストを利用することをおすすめします。

これにより、速度が十分な場合は安心して利用でき、不十分な場合は何らかの対策をとることができます。
 

Googleインターネット速度テストの利用方法

スマホ/PCとも利用方法は同じです。
 
  1.  Googleで「スピードテスト」を検索する
    1

    Googleで「スピードテスト」を検索

  2.  「速度テストを実行」をクリックする
  3.  ダウンロード速度がテストされる
    1

     

  4.  アップロード速度がテストされる
    1
  5.  結果が表示される
    1
結果は「Mbps」や「レイテンシ」の数値と、「インターネット速度は高速です」といった評価によって表されます。以下では結果の見方を詳しく解説します。
 

 通信速度の指標の解説

結果にはMbps(ダウンロード)、Mbps(アップロード)、レイテンシの3つの指標があります。

通信速度は「bps」という単位で表され、値が大きいほど通信速度は速くなります。

「1000bps」=「1Kbps」、「1000Kbps」=「1Mbps」となります。

ダウンロードとは、ネットワークサーバーに保存されているデータを自分のコンピュータに転送すること。アップロードとは、自分のコンピュータからサーバーにデータを転送することです。ダウンロード速度が速いと動画のストリーミング、オンラインゲーム、Webブラウジングがスムーズになります。
 
レイテンシとは、転送要求を出してから実際にデータが送られてくるまでに生じる、通信の遅延時間のことです。レイテンシを表す単位はms(ミリ秒)で、Ping値ともいいます。
 

ダウンロード速度の目安

通常のインターネット利用で重要なのがダウンロード速度です。Googleスピードテストではダウンロード速度が以下の段階で評価されます。
1

出典:Google Wifiヘルプ

用途によって要求される通信速度は異なります。一般的に、ネット検索やSNSなら1Mbps~10Mbps、動画視聴なら3~25Mbps、より通信速度が要求されるFPS(一人称視点のオンラインシューティングゲーム)では70Mbpsが必要といわれています。
 

レイテンシ(Ping値)の目安

同じく速度の指標となるレイテンシの目安は以下となります。数値が大きいほど高速であることを示す「bps」と異なり、数値が小さいほど通信環境が良いことを示します。
  • 0~40ミリ秒:速い
  • 41~60ミリ秒:普通
  • 61~100ミリ秒:やや遅め
  • 101ミリ秒~:遅い
 

テスト結果が遅い場合

本来高速であるはずなのに、通信速度が低速と判定された場合、以下の操作を行ってみましょう。
 
時間をおいて再度テストを行う
夕食時など、最も混雑しているピーク時にはネットワークが混み合い、データの転送速度が遅くなります。
 
接続したデバイスをWi-FiルーターやWi-Fiポイントに近づける
Wi-Fiの速度は、ルーターやWi-Fiポイントとデバイスとの距離に応じて変化します。
 
ネットワークを再起動する
モデムとWi-Fiデバイスの電源をオフにしてからオンにすると、速度が改善される場合があります。
 
優先デバイス をオフにする
優先デバイス がオンであると、優先対象デバイス向けに帯域幅を確保するため、速度テストの結果が遅くなります(優先デバイスの設定方法)。

メッシュ接続をテストする
メッシュ接続テストでは、ルーターまたはメインのWi-Fiポイント(モデムに接続されている拡張ポイント)とその他の拡張ポイントの間の接続を測定します。接続が強力であるほど、家の中でのWi-Fi接続は良好になります(メッシュ接続のテスト方法)。
 
これらの操作を行っても問題が解決しない場合は、契約しているインターネットサービスプロバイダーに問い合わせてみましょう。


【おすすめ記事】
YouTubeが見れないときの原因と対処法(スマホ・PC・テレビ)
YouTubeが重い・止まるときの対処法(PC、スマホ、テレビ向け)
 

■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。