マナーモード時も確実に着信に気づく工夫

マナーモード時も確実に着信に気づく工夫

筆者のiPhoneは、ほとんどずっーとマナーモードのままになっています。

着信時、けたたましい音がワンワンと鳴るのが個人的に苦手だというのもありますが、電車やバスなどの公共の場で「マナーモードにするのを忘れた!」という失敗を防ぐため、ということもあります。

マナーモードにしていても着信に気づけるのは、バイブレーション機能があるからです。

特に筆者は、バイブレーションのパターンをカスタマイズしていて、必ず気づけるぐらい強力に震え続けるように設定しています。加えて、視覚的にも気付けるように、着信時にはフラッシュが光るようになっています。

「バイブだけだと、着信に気づけない」という方は、ぜひ活用してみてください。
 

着信時のバイブレーションのパターンを変更する方法

iPhoneでは、着信時のバイブレーションのパターンを変更することができます。

「ブッブッブッ」のような間隔が短いバイブレーションだと、どうしても気がつきにくいので、「ブーーーーーッ、ブーーーーーッ」といった具合に長いバイブレーションに設定することをおすすめします。

「設定」アプリを開き、「サウンドと触覚」を選択。「サウンドとバイブレーションのパターン」から「着信音」を選択します。
マナーモード時も確実に着信に気づく工夫

「サウンドとバイブレーションのパターン」から「着信音」を選択


一番上の「バイブレーション」を選択すると、設定できるバイブレーションのパターンがいくつか並びますので、好きなものを選びます。
マナーモード時も確実に着信に気づく工夫

好きな「バイブレーション」を選ぶ

「クイック」「警告」あたりが、振動している時間が長く、比較的気づきやすいのでおすすめです。
 

ずっと震え続けるバイブレーションを自作することも可能

バイブレーションのパターンは自作することが可能。かなり長い時間振動させ続けることもできます。

先ほどのバイブレーションの選択画面で、画面下の「カスタム」から「新規バイブレーションを作成」を選択すると、バイブレーションのパターンが作れます。
マナーモード時も確実に着信に気づく工夫

画面下の「カスタム」から「新規バイブレーションを作成」を選択

​​​画面を押している時間が、そのまま振動する時間になります。画面をタップし続ければ、ずっと振動しっぱなしのバイブレーションパターンを作ることができます。

設定を終えたら、右上の「保存」を選択。最後に名前をつければ完了です。
マナーモード時も確実に着信に気づく工夫

バイブレーションパターンを作り、右上の「保存」を選択 

マナーモード時も確実に着信に気づく工夫

名前をつければ完了

 

意外と便利な「光」で通知を知らせる方法

バイブレーションだけだけだと気づきにくい、あるいはバイブレーションすらはばかられるような状況もあるかと思います。

そんなときに便利なのが「着信するとフラッシュが点灯する」という設定。フラッシュがチカチカと光ることで、着信を知らせてくれます。

「設定」アプリを開き、「アクセシビリティ」→「オーディオ / ビジュアル」を選択。
マナーモード時も確実に着信に気づく工夫

「アクセシビリティ」→「オーディオ / ビジュアル」を選択

​​​​​「LEDフラッシュ通知」をオンにします。「消音時に点滅」をオンにしておくと、マナーモード時にのみフラッシュが点灯するようになります。
マナーモード時も確実に着信に気づく工夫

​​​​​「LEDフラッシュ通知」をオンにする



【おすすめ記事】
「iPhoneの裏技」記事一覧
iPhoneの着信拒否設定とは? 不明な発信者からの通知を一括でオフる方法
iPhoneの着信/通知音量とサウンド音量の違い! 変更方法は?
iPhoneのスクショを最速かつ片手で撮る方法! 背面を2回叩くだけ
iPhoneを急速充電する裏ワザ! iPad用充電アダプタを活用しよう
iPhoneの正しい充電のやり方! バッテリーがヘタるNGな使い方とは


 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。