夫の不倫に気付いたけれど、すぐには問い詰められなかった

夫の不倫に気付いたけれど、すぐには問い詰められなかった

夫の不倫に気付いたけれど、すぐには問い詰められなかった

「パートナーが不倫しているかもしれない」。あやしいと感じたとき、あなたならどう行動しますか。すぐ本人に確認する、まずは証拠を集める、見て見ぬ振りをするなど、いろいろな選択肢がありえます。

MRさん(50代、女性)は「ひとまず見て見ぬ振り」を選択しました。

「何かありそうだなとは内心思っていました。でも、すぐに問い詰めることはしませんでした。すべてを明らかにしたら、平和な日常が壊れてしまうかもしれない、大切な家庭を失いたくないという恐怖心が強かったんです」
 

「証拠が見つかったら離婚」、そう決意して証拠探しをスタート

「証拠が見つかったら離婚」、そう決意して証拠探しをスタート

「証拠が見つかったら離婚」、そう決意して証拠探しをスタート

それでも、半年後には我慢の限界を迎えます。きっかけは、夫の「他人事」な態度でした。

「娘の進路についての話ですら、真剣に取り合ってくれなかったんです。娘の大事な話にすら無関心とはどういうことかと、夫に対する不信感が大きくなりました」

「もし証拠が見つかったら離婚しよう」と覚悟を決め、証拠探しをスタートしたMRさん。証拠は、あまりにもあっさりと見つかりました。
 

離婚の覚悟を決めていた、けれど……

離婚の覚悟を決めていた、けれど……

離婚の覚悟を決めていた、けれど……

「証拠が見つかったら離婚」と決めていたものの、すぐに行動に移すことはかないませんでした。それはなぜか? あまりのショックに体調を崩してしまい、それどころではなくなったのです。

「『ショック』というよりも『やっぱりね』という感想ではあったのですが……それでも、体は正直ですね。しばらくは無意識に涙が出て止まらなかったり、食事も喉を通らなかったり、そんな日々が続きました。その間は、夫と離婚に向けて話し合う気力すらなかったんです」

結局その後は、いわゆる「仮面夫婦」状態に突入することになったそうです。

MRさんのように、配偶者の不倫に直面することによって、想像以上の苦痛を強いられるケースは珍しくありません。配偶者の不倫発覚をきっかけに体重が激減したり、円形脱毛症になったり、不眠症になったという実例があります。

配偶者の不倫に気付いた場合は、自分自身の心と体のケアについても、真剣に考えておく必要があるでしょう。

=====

MRさんはこのあと、いろいろな葛藤を乗り越えて「夫婦関係の再構築」を選び、現在は夫婦円満に過ごしています。

「経験シェアリングサービス『エクシェア』note版」では、MRさんの体験談について、より詳しく掲載しています。

また「パートナーの不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築した体験談集」もあわせてご一読ください。



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。