老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に回答します。今回は、65歳になる前にもらえる厚生年金が気になっている会社員のパート主婦の方からの質問です。
 

Q:5年間ほど会社員だった過去が。65歳より前に、厚生年金をもらえますか

「私は昭和43年(1968年)6月20日生まれで現在53歳のパート主婦です。最近年金のことが気になって調べているのですが、以前会社員だった人は、65歳になる前から年金を少しもらえると聞きました。私は結婚する前に5年間ほど、会社勤めをしており、厚生年金を払っていました。私も65歳になる前に年金をもらえるのでしょうか?」(埼玉県・会社員・女性)
昔、会社員だったことがあったら、年金はどうなる?

昔、会社員だったことがあったら、年金はどうなる?

 

A:「特別支給の老齢厚生年金」は受給できない

年金の受給に関しましては、原則として65歳からとなっていますが、昭和60年の法律改正により、厚生年金保険の受給開始年齢が60歳から65歳に引き上げられた際に、受給開始年齢を段階的に引き上げる「特別支給の老齢厚生年金」の制度ができました。

この「特別支給の老齢厚生年金」を受け取るためには以下の要件をすべて満たしている必要があります。

【1】男性の場合、昭和36年4月1日以前に生まれたこと。女性の場合、昭和41年4月1日以前に生まれたこと。
【2】老齢基礎年金の受給資格期間(10年)があること。
【3】厚生年金保険等に1年以上加入していたこと。
【4】60歳以上であること。

 
相談者の場合、昭和43年(1968年)6月20日生まれとのことですので【1】の要件を満たしておらず、65歳になる前から「特別支給の老齢厚生年金」を受け取ることはできないことになります。
 
もし60代前半で受け取りたい場合は、繰上げ受給という制度もあります。これは、希望すれば60歳から65歳になるまでの間に年金を繰り上げて受け取ることができる制度です。

注意点としては、繰上げ受給の請求をした時点(月単位)に応じて年金が減額され(1カ月あたり0.5%(令和4年4月以降は1カ月あたり0.4%の予定)、減ってしまったら生涯変わりません。また、障害基礎年金や寡婦年金を受け取ることができなくなる可能性もありますし、繰上げ受給は取り消すことができませんので慎重に判断するとよいでしょう。

※年金プチ相談コーナーに取り上げて欲しい質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。

【関連記事をチェック!】
60歳で退職して3年間は、嘱託社員として働く予定。月20万円の収入だと、65歳からの年金はいくら増える?
70歳以降も会社員として働きます。厚生年金保険料は払い続けるのでしょうか?
56歳の夫は60歳から年金をもらうことができないのでしょうか?
60歳で会社を退職して年収120万円ほどのアルバイトをしようと思います。年金は減らされる?

 

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/12/1~2021/12/31まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。