住友林業
「MYHOME PARK(マイホームパーク)」のTOP画面

林修先生が住友林業の木の家づくりを徹底解説!「林修の住まいの学校」

TVの情報バラエティ、多数の著作などを通じて、多彩なジャンルの知識を分かりやすく伝えてくれるあの林修先生が、住友林業の家づくりを徹底解説します。
住友林業
林修の住まいの学校
講座の種類は多彩。「家づくり特別講座」として「住友林業ならではのBF構法の強さ」「お客様自身も気がついていない理想の暮らしをカタチにする設計力」「木の魅力や効能」「建築費などの初期費用と住んでいる間の維持管理費を合わせたライフサイクルコスト」などを、分かりやすくポイント解説してくれます。
住友林業
いつもながらの分かりやすさで、住友林業の木の家づくりの理解を深めることができる。
また、近年その名を聞く機会が増えた「ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)」は、「ZEH特別授業」と題して取り上げました。1時限目「経済」、2時限目「健康」、3時限目「防災」と、3分野に分けてZEHの長所を学ぶことができます。
 
加えて、林先生の授業らしくクイズ形式の「問題」が登場するのもユニーク。見る側も参加しながら、住友林業の木の家づくりの理解を楽しく深めることができます。
 

Instagramライブ配信でオーナー宅をバーチャル見学 

次は、住友林業にお住いのオーナー宅の見学会を配信する「実例“ライブ”ラリー(オーナー宅からLIVE配信)」。定期的にInstagramアプリを活用したインスタライブを開催しており、直近のライブ予定とライブ後のアーカイブを視聴することができます。
住友林業
実例“ライブ”ラリー(オーナー宅からLIVE配信)
 ライブ配信ではリアルタイムに質問をコメントすることも可能。床や天井、外壁の素材に何を使っているか、全館空調の家なら光熱費はいくらくらいかなどの質問に対して、オーナー、設計士が率直に回答してくれます。
 
登場するオーナー宅は、住友林業に勤務している社員が建築した家と、一般のお客様宅の2種類。前者はオーナーでもある社員自らが案内し、後者は、オーナーと司会の社員が案内します。
住友林業
住友林業社員Eさん宅のアーカイブ映像
登場する家は計6例(2021年5月現在)。採光の良さ、収納充実、ビルトインガレージ、デザインなど、住む人ならではのこだわりは、どのように実現されたのか? あなたの家づくりでも大いに参考になるでしょう。
 

バーチャル空間で、住友林業の家をチェック!

オーナー宅見学後は、バリエーション豊富な住友林業の家をバーチャル空間でチェックできる
「MYHOME TOWN」がおすすめです。30坪台2000万円台、40坪台3000万円台で計12邸を紹介。
各邸の生活動線、インテリア、収納などが3Dビューで表示され、実際の暮らしをリアルにイメージできます。
住友林業
MYHOME TOWN
 

パンフレットにも載っていないBF構法の秘密が分かる!?

 住友林業ならではの特徴である「BF(ビッグフレーム)構法」は、「BF CONSTRUCTION SITE(住まいの構造見学ツアー)」で紹介。完成前の、まだ骨組みが露出した状態の構造現場でしか見ることができない、BF構法の強みを明らかにします。
住友林業
BF CONSTRUCTION SITE(住まいの構造見学ツアー)
映像は前後編の2本。ガイド役は、一級建築士であり、自他共に認める社内屈指の「構造マニア」である住友林業社員が務めます。

まず「構造現場見学会 前編」では、実際の現場でもそこまで詳細に聞くことができない情報が次々と明らかに。特に、住友林業社員へのアンケートでまとめた、パンフレットにも載っていない「これだけは知ってほしい8つの秘密」は必見です。
住友林業
すべて知ればBF構法をより深く理解できる。
 さらに「DEEPな構造現場見学会 上級編」では、これも住友林業社員のアンケートによる「まだまだあった!住友林業の家 DEEPな8つの秘密」を紹介。「ここまでするのか!」と驚くような、長く快適に暮らすための工夫が分かります。
 

専門家が伝授する「新常識」で防災意識を高める

近年、国内で発生する地震、水害などの災害が激甚化しています。大切な家族や財産を守るためには、どんな準備や心構えが必要なのか。タレントの渡辺裕太さんが、防災システム研究所 所長・山村武彦氏に「これからの防災とは」というテーマで話を聞く「防災ステーション」も必見です。
住友林業
防災ステーション
このコーナーのポイントは、災害に対する安易な思い込みや誤解を解き、防災に対する新たな常識を身に着けられること。例えば「これまで3日間分が目安とされていた非常用の備蓄食料は、実は7日分が理想的」と山村所長。その理由には多くの人が納得できることでしょう。
住友林業
2016年に発生した熊本地震。しかし、熊本での大地震の発生確率はかつて0.9%と極めて低い数値が提示されていたという。いつどこで災害が起きるか分からない、だからこそ平時から防災意識を高めておくことが大切と山村所長は話す。
また、山村所長は、避難所へ逃げることを真っ先に考えるのではなく「逃げなくてもいい防災」にも着目すべきとアドバイス。優れた耐震性の重要性や、自宅で創エネでき、避難所ではなく在宅避難が可能になるZEH住宅の防災力に、改めて気づくことができます。
 

楽しみながら家づくりを学ぼう

これらのほかにも、住友林業の建築士がこだわりの設計ポイントや見所を詳しく解説する「MODEL HOUSE THEATER(建築士による展示場紹介)」も注目。設計やコンセプトが異なる東京、愛知、大阪、福岡のモデルハウスをバーチャル見学できます。
住友林業
MODEL HOUSE THEATER

MYHOME PARK」は、今後も随時最新情報がアップデートされていきます。住友林業に興味を持っている方はもちろん、シンプルに家づくりに関心がある方も、ぜひ、Web博覧会「MYHOME PARK」に遊びに来てください。
 
<関連サイト>
「MYHOME PARK(マイホームパーク)」|住友林業
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。