新築一戸建ては大きく分けて、ゼロから建物を作り上げていく注文住宅と、すでに建物が出来上がっている状態で販売される建売住宅に分けることができます。洋服に例えるなら注文住宅がフルオーダーで、建売住宅が既製品といえます。今回紹介する住友林業の『Forest Selection BF(フォレストセレクションBF)』は、この両者のいいとこどりを実現した、いわばセミオーダーの木の家。今回はその具体的な魅力を見ていきましょう。

注文住宅と建売住宅の「いいとこどり」をしたセミオーダー型の木造住宅

一般的に予算は高めですが、設計段階から自分のこだわりを実現できる注文住宅。一方、比較的手ごろな価格で、かつすでに建物が完成しているためスムーズに購入・入居できる建売住宅。ここで紹介する『フォレストセレクションBF』は、両方のメリットを兼ね備えたセミオーダー型の木造住宅です。

他のハウスメーカーでも類似のコンセプトを持つ商品はありますが、『フォレストセレクションBF』の大きな特徴は、住友林業がこれまでつくってきた約30万邸の注文住宅のノウハウというビッグデータがベースにあること。

そこから厳選した1000パターンにものぼる間取りプランに人気の仕様、住宅設備、インテリアスタイルなどがセットになって提案されます。お客様にとっては家づくりをテンポよく進められ、価格も坪50万円台後半~と、同社の注文住宅と比較してリーズナブルであることも魅力です。

注文住宅約30万邸の実績から生まれた1000の間取りプラン

住宅・建築事業本部 営業推進部 営業戦略グループマネージャー 岡村純一さん

住宅・建築事業本部 営業推進部 営業戦略グループマネージャー 岡村純一さん

そこで、住宅・建築事業本部 営業推進部の岡村純一マネージャーに、この住まいの具体的な特徴をうかがいました(以下コメントはすべて岡村さん)。

「まずは1000通りある間取りプラン。家事動線が良い、収納力が高い、親子のコミュニケーション重視型など、これまでつくってきた注文住宅の中で人気を集めてきたプランに加えて、今から将来に向けて、トレンドになりそうな間取りを用意しています」

 


Forest Selection BF(フォレストセレクションBF)間取りプラン例

子育て世代向け「子どもたちと一緒に毎日を楽しむ」間取りプランの例 *クリックすると拡大します



Forest Selection BF(フォレストセレクションBF)間取りプラン例

ライフスタイルの変化、子どもの成長に応じて間取りの可変性を実現する「SI間仕切壁」を採用している *クリックすると拡大します


住友林業ビックフレーム(BF)構法

住友林業独自のビッグフレーム(BF)構法があるからこそ、構造を支える耐力壁がなくても大空間を実現できる


ちなみにこの1000通りの間取りプランには、最近シニアだけでなく若い世代にも人気の「平屋」も含まれています。

5つのインテリアスタイル、4つの外観バリエーション

「インテリアスタイルはトレンドを取り入れた5パターンを用意。お客様一組一組に専属のインテリアコーディネーターが付き、好きな床の色をお聞きするところから始まり、それにマッチしたインテリア、具体的にはカーテン、照明、ダイニング、ソファセットなどをコーディネートしていきます。この5パターンに限定せず、お客様の好みに合った様々なご提案が可能です。

インテリアは外観と同様、家の印象を決める大切な要素で私たちとしても非常に重視している部分だけに、外注ではなく住友林業が直雇用したインテリアコーディーターに担当させているのも大きな特徴です」

もちろんお客様がすでにお好きな家具の購入を決めていたり、継続して使いたいと思っているこだわりのソファなどがあれば、それを活かすためのアドバイスもしてくれるとのこと。

Forest Selection BF(フォレストセレクションBF)インテリアスタイル例

5つの床材を選び、それぞれのテイストを活かしたインテリアスタイリングを提案してくれる *クリックすると拡大します


「そして外観デザインは4パターンあります。しかも各々に4種類のカラーバリエーションがあるので、計16のスタイルからお選びいただくことができます。もちろん、お客様の好み、ニーズをお聞きしながら、私たちが家を建てる現地の住環境、街並みを拝見し、そのロケーションに合ったスタイルを提案させていただきます」
Forest Selection BF(フォレストセレクションBF)外観例

バーチカルデザイン:木調のアクセントパネルで縦のラインを強調した外観

Forest Selection BF(フォレストセレクションBF)外観例

ウッディデザイン:玄関ポーチの木調外壁など、木のぬくもりをアクセントにしたスタイリッシュな外観

Forest Selection BF(フォレストセレクションBF)外観例

シンプルデザイン:連窓による大開口サッシの採用で、採光と開放感あふれるモダンな外観

Forest Selection BF(フォレストセレクションBF)外観例

モールディングデザイン:バルコニーや窓廻りのモールディングをアクセントにしたエレガントな外観


お客様の中には、外観スタイルを先行し、その後に間取りプラン、インテリアを決めていく方もいるとのこと。好みに応じてどの工程からでも家づくりができるフレキシブルさも『フォレストセレクションBF』の長所でしょう。

振り返ってみると、間取りプラン1000通り、インテリア5パターン、そして外観スタイルがデザインとカラーリングで計16パターン。このバリエーション多彩さも『フォレストセレクションBF』の大きな魅力です。

打ち合わせ回数も短縮、契約~着工は約3カ月!家づくりがスムーズに

また、『フォレストセレクションBF』は、多彩な選択肢に加えて、契約から着工へ向けてのプロセスがスムーズに進められることも特筆できます。

「本商品のメインのお客様と想定している30代以下のご家族、ご夫婦は共働き率が6割を超えており(※)、忙しい方が大半です。せっかくの新居なのだからこだわって家づくりをしたい半面、正直、打ち合わせなどにさほど時間はかけていられない方も少なくありません」
※国土交通省 2016年度住宅市場動向調査より

そうした方々のニーズを反映し、スピード感をもって家づくりができるのも『フォレストセレクションBF』の特徴ですと岡村さん。

「ご契約をいただいてから着工までは3カ月が目安。内容は間取り、仕様設備の確認やインテリア、外構の打ち合わせなどで、トータルの打ち合わせ回数は3回程度が平均です。これだけ短期間で済むのは、先に述べた間取りプラン、インテリア、外観それぞれのパターンが用意されており、それをたたき台にするためお客様が迷う幅が狭いからだと考えています」

ちなみに着工後は、住友林業の高い施工力を支える「約200項目の検査」(参考記事:約200の「関所」を突破!施工が叶える高品質の家)を実施しながら工事が進められます。構造は前述したとおり、住友林業独自のビッグフレーム(BF)構法を採用。外装部材は高い耐久性を持つオリジナル耐候性仕様「LS30」を採用しており、将来的に安全、安心な住まいになりそうです。

ヒアリング力に長けた営業担当が最適プランを提案

多彩な選択肢があるのは魅力的ですが、なかには「逆にどれが良いか分からなくなる……」という方もいるかもしれません。そんな時、頼りになるのが営業担当です。

「『どんな暮らしがしたいか』『現在のライフスタイルはこんな感じ』など、希望やイメージを営業担当に教えていただければ大丈夫。お客様の日常生活や将来像、ご家族構成などの“ヒアリング力”も注文住宅30万邸の実績を通じて、当社営業担当が磨いてきたノウハウです。お客様にとって最適と思われるプランをいくつかご紹介させていただきます」とのこと。

『フォレストセレクションBF』なら、打ち合わせ回数が少なく短期間で進められる一方で、自分のこだわりを反映できる満足度の高い家づくりができそうです。より詳しい情報を載せたカタログは、全国のモデルハウスや支店、ウェブサイトで入手可能です。ぜひご覧ください。

<関連サイト>
フォレストセレクションBF
どんな家がある?住友林業の実例ギャラリー
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。