イエベ、ブルベ問わず似合うオレンジメイクは初心者にもぴったり

p

オレンジメイク初心者でも安心して使えるアイテムたち

オレンジメイクというと、ハードルが高く感じる人もいるのではないでしょうか。ですが、オレンジ自体は肌に近い色なので、ブラウンメイクの延長で取り入れることができます。ゆえに、ブラウンやベージュ以外試したことがないというオレンジメイク初心者や、カラーメイクは若い子のものと思っている大人の女性にもぴったり。

何よりオレンジメイク最大の特徴は、イエベ、ブルベ、どちらでも似合うという点。しかも、ブラウンやベージュといった定番色よりも、ちょっとおしゃれに見えるなど良いことずくめです。
そこで今回は、初めてのオレンジメイクはこれをおさえておけば大丈夫!というおすすめアイテム4品をご紹介します。
 

1:王道のルナソルならオレンジメイクも洗練された印象に仕上がる!

t

ルナソル アイカラーレーション:08 Mystic Mink(税込6820円)、 ルナソル シークレットシェイパーフォーアイズ:02 Malty Brown(税込3080円)

シックで研ぎ澄まされた色と質感を操って、影の重なりから色ツヤがにじむような立体感を演出すると評判のルナソル アイカラーレーション。オレンジとグレーを組み合わせた08(ミスティックミンク)は、膨張しがちなオレンジもくすんだグレーを重ねることで、クールで洗練されたオシャレな目元に仕上げてくれるので、初心者にも取り入れやすいと思います。
 
左上(A)をアイホール全体に薄く馴染ませたら、右下(D)を目のキワに細チップでぼかし入れます。その後、右上(B)を太チップでまぶたの中央に置き左右に軽くなじませるのがおすすめの使い方。

色を重ねてもくすまず、溶け合うように馴染む、まさにルナソルのアイシャドウの本領発揮というパレットです。個人的には、シークレットシェイパーフォーアイズ02(モルティブラウン)を上瞼や下瞼のアイライナーとして忍ばせるのが好み。
 

2:新発想のオレンジアイライナーは取り入れやすさNO.1

l

ケイト コンシャスライナーカラー:01 ダスティーオレンジ(税込1100円/編集部調べ)/カネボウ化粧品

オレンジメイクを、手っ取り早く取り入れるならカラーアイライナーが最適。ケイトのコンシャスライナーカラー 01(ダスティーオレンジ)は、ブラウンシャドウの目元を引き立てるという新発想のもと作られたものなので、いつものメイクもアイラインをこれに変えるだけで、抜け感のある目元を演出してくれます。

さりげなく、でも存在を主張してくれるニュアンスカラーは、太めに入れても、細めに入れてもなじみ良し。自由自在に描けるうえに、美発色も嬉しいポイントです。お湯でスルンとオフできる手軽さも本当に助かります。
 

3:ひと塗りでオシャレ感アップ! エレガントにもモードにも決まる

j

セルヴォーク エンスロールグロス:11 マリーゴールド(税込3080円)

美しいツヤと色が絶品のセルヴォークの濃密グロス。エッジをきちんと取れるチップタイプなので、エレガントにもモードにもハマります。オレンジメイクなら、11(マリーゴールド)。鮮やかなオレンジが顔がぱっと明るくしてくれる、マスク時代にもぴったりなアイテムです。

植物由来オイルも配合しているので、誰もが憧れるツヤ、ふっくら感を兼ね備えたセンシュアルな唇を演出。単色使いも良いですが、ベースに仕込む色によって表情を変えるので、自分なりのオレンジを見つけてみるのも良いかもしれません。
 

4:ツヤも発色も抜群! 大人女性にもベストマッチなゴールドオレンジ

s

セザンヌ ナチュラル チークN:04 ゴールドオレンジ(税込396円)

セザンヌの高発色なパウダータイプのチーク。見た目はしっかりとしたオレンジですが、肌にのせると絶妙な色づき加減で、ほんのり血色感のあるヘルシーな肌に仕上げてくれます。粉っぽさもなく、肌にピタッと密着するのでマスクへの色移りも軽減。

ポップなオレンジは大人の女性には手が出しにくい感じがしますが、こちらはゴールドとシルバーのラメも入っていて程よいツヤ感が素敵。頬だけ浮いてしまうなんて心配もありません。メイク直しにも重宝するコンパクトサイズ&プチプラも魅力的。
 
どのアイテムもオレンジを強調するのではなく、肌に馴染む感じが絶妙。そのため、オレンジメイク初心者の人にも取り入れやすいものばかりです。長引くマスク生活で、気分もちょっぴり沈みがち。そんな時は、ヘルシー&ハッピーなオレンジメイクで気分を上げてみてはいかがでしょうか。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。