大人っぽさ、ガーリー、どっちを選ぶ? 『ハイトーン』VS『暗髪』

金髪だけでなく、ガーリー度が増すピンク系、落ち着いたグレー系など、種類も豊富な軽やかハイトーン。大人っぽさと透明感を出す暗髪は、クール系からガーリー系ファッション、さらにはオフィス仕様まで、どんなスタイルにも似合う万能カラー。どちらを選ぶか迷う人におすすめの『甘めハイトーン』と『大人め暗髪』スタイルです。
 

おすすめ1:フレンチレトロなクリームブロンド

おすすめ1:フレンチレトロなクリームブロンド(画像提供:bangs[バングス])

おすすめ1:フレンチレトロなクリームブロンド(画像提供:bangs[バングス])

顔まわりにはたっぷり、前髪にもレイヤーを入れて動きを出した、70年代風のレトロなレイヤーロングスタイル。しっかりとブリーチしたベースにクリームブロンドカラーをのせて、リアルな外国人風ブロンドカラーをつくります。コテでゆるく巻いて仕上げる、大人可愛い無造作スタイルです。

【このスタイルが似合う髪のタイプ】
  • 髪量:少ない~多い
  • 髪質:柔らかい~硬い
  • 顔型:丸・卵型・四角・ベース・逆三角・面長
  • 髪のクセ:なし~少し
 

おすすめ2:ゆるふわイエローゴールド

ハイトーン 暗髪 おすすめ1:ゆるふわイエローゴールド

おすすめ2:ゆるふわイエローゴールド(画像提供:bangs[バングス])

毛先が揺れる、ゆるふわボブに厚めの前髪。イエローゴールドのハイトーンカラーが、よりガーリーさを引き出して、まるでお人形のような雰囲気に! トリートメントを配合したブリーチなら極力髪に負担をかけず、艶とまとまり感も残せます。ハッと目を引く甘めハイトーンは、シンプルなスタイルにも映えます。

【このスタイルが似合う髪のタイプ】
  • 髪量:普通
  • 髪質:柔らかい
  • 顔型:丸・卵型
  • 髪のクセ:少し
 

おすすめ3:8トーンアッシュブルーの大人ボブ

ハイトーン 暗髪 おすすめ3:8トーンアッシュブルーの大人ボブ

おすすめ3:8トーンアッシュブルーの大人ボブ

青ベースのアッシュ系カラーは、ブリーチなしでも色が入りやすく、赤みを抑えて透明感を与えてくれます。トップにボリュームを出して顔の輪郭をカバーする前下がりショートボブで落ち着いた大人の雰囲気抜群のスタイル。

【このスタイルが似合う髪のタイプ】
  • 髪量:少ない~多い
  • 髪質:柔らかい~硬い
  • 顔型:丸・卵型・四角・逆三角
  • 髪のクセ:なし~普通

■参考記事

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。