もしもあの頃の二人に戻れたなら……在宅ライフはパラダイス!

もしもあの頃の二人に戻れたなら……在宅ライフはパラダイス!

コロナ禍で在宅勤務などの新たな働き方が増え、夫婦ともに家にいる時間が長くなりました。それにより、必然的に夫婦一緒の時間が増えた方も多いようです。一時期は「コロナ離婚」なども話題に上がり、「夫婦の時間が長くなる=お互いの不満が溜まる」といったケースも増えたようです。そこで今回は「在宅時間中に夫婦仲を良好にするアイディア」についてお送りします。「男ゴコロの本音」のリサーチ結果をもとにお届けしたいと思います。
 

夫婦仲を良好にするアイディア1:昔のアルバム見て思い出話をする

スマホの写真フォルダを見るのもおすすめ

スマホの写真フォルダを一緒に見るのもおすすめ

棚の奥からアルバムを取り出し、あるいはスマホの写真フォルダから、出会った頃の写真を取り出しましょう。あるいは子供が小さい頃の写真を取り出し「ねえ、見て! 2人とも若いよね(笑)」「初めて○○が立ち上がった日よ~」などと持ち掛けます。クールに見えても、男は皆ロマンチスト。心の中では「恋のはじまりのフレッシュなドキドキ感情」や「初々しい新米夫婦の思い出」へ思いを馳せるのです。たとえ、今は倦怠期だとしても、2人の関係が特別なものであったことをリマインドすることができます。

次に投げかけるのはこのフレーズ、「この写真の中の思い出の場所に行ってみようよ! 」。そんな話で盛り上がることで、在宅によって生じた微妙なグレーな空気も一掃できるはず。初めてデートをしたカフェ、出会いの合コンをしたレストランなど……そんな特別な思い出の中にタイムトリップしてみましょう。

ここであえて、実際に出かける前にやることがあります。古いアルバムの中の伴侶を必ず褒めてください。「この頃かっこよかったね」「俳優の○○に似てたよね~」 と褒めるのです。もしここで「今は不細工オヤジなのかよ(笑)」と半ギレしたら、「お互いにダイエット頑張ろうね」と前向きな言葉をかけてあげればOK。一緒にかっこよく歳をとる、健康になるなど、共通の目標ができると2人の関係は必ず上向きになります。
 

夫婦仲を良好にするアイディア2:2人で遠い場所にドライブしてみる

予防対策に気を付けながら、たまには夫婦でドライブを

予防対策に気をつけながら、たまには2人だけでドライブを

ドライブに出かけるのも、夫婦関係の風通しを良くする1つのアイディア。筆者おすすめの目的地は「70 km 圏内の温泉地」です。住む場所を離れ、日常を忘れるために十分な距離の70km前後離れた温泉地に、マイカーまたはレンタカーで2人で出かけるだけで、倦怠期の淀んだ空気が一掃されるはず。車だけの移動なら、コロナへの心配も比較的少なく済みますよね。

日常を離れ、流れゆく景色のなか音楽をかけて走るだけで、お互いの心は晴れ渡ります。会話が弾まない夫婦でも大丈夫! 流れる景色や音楽が「間」を持たせてくれます。温泉地なら非日常を感じられるだけでなく癒しも得られるので、小さなイライラたちも中和され、倦怠期などなきものとなるでしょう。
 

夫婦仲を良好にするアイディア3:あえて2人で「副業起業」してみる

もしもあの頃の二人に戻れたなら?在宅ライフはパラダイス!

在宅ライフで夫婦一緒の時間が増えたのなら、「副業」に挑戦してみては?

倦怠期になるのは「同じ未来が見れないから」というのも大きな要因。そこで「ネット通販」などのパーソナルな「副業」を一緒にやってみることをおすすめします。「お金を貯める」という1つの目標を共有することで、互いの関係に緊張感が生まれ、ゲーム的競技に臨むようなメリハリがつきます。

ネット通販などの場合、会社に行きながら、副業で月収100万円を稼ぐ人も珍しくないそうです。市販の書籍を読んだり、その本の著者のオンラインサロン勉強会に参加したりすれば、1年で副業月収100万円も夢ではない話かも……? 「起業」というビジネスゲームに興じるうちに、新しい絆が必ず生まれてくるのです。
 

夫婦仲を良好にするアイディア4:2人でシェイプアップに挑戦!

いい汗をかきながら目標を達成! イケてる外見で再び夫婦恋愛が再燃?

いい汗をかきながら目標を達成! イケてる外見で再び夫婦恋愛が再燃?

「1カ月に2キロ痩せる」と目標を決めて、室内で腹筋・背筋・スクワット・体幹トレーニングをしたり、ペアストレッチをしたりします。近所でのジョギングもいいですね。さらには、低カロリーな食材を一緒に買いに行き、2人で料理をするのもおすすめ。

互いに励ましあい、ダイエットの途中経過の2人の写真をインスタにアップしてもいいかもしれません。これにより、美しく、かっこよくなった同士で称えあい、関係も同時に修復できてしまうはず。ジムメイトのように颯爽した関係を築くことができますよ!

いかがでしたか?  昨今は「憂鬱になる相手はたとえ夫婦でも避けた方がいい」というドライな風潮も漂っています。でも、せっかく縁あって一緒になった同士。向き合い方の周波数をほんの少しだけ変えて、もう一度だけ向き合ってみませんか?

もちろんそれでもダメなら諦めることも必要かもしれません。でももう一度だけ、騙されたと思って上記の方法を、お試しいただければ幸いです。あなたの夫婦空間に幸福感に満ちた風が吹きますように……。



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。