「株式投資で見るべき判断材料が分からない!」というお問い合わせをよくいただきます。そこで本記事では、株式投資の判断材料として「絶対に押さえるべき」4つのポイントをまとめます。
 

ズバリ答え!財産、収入、成長、そして価格

株式投資とはつまり、「株の価値を見極めて、安いと判断したものを買う」ことです。少し難しいのですが、会計用語に「割引現在価値」という言葉があります。詳しい説明は避けますが、この考え方では、株の価値は「企業が持っている財産と、収入と、成長性で決まる」とされています。
 
だから、理想は「財産をたっぷり持っていて、収入もたっぷりあって、成長性の見込みも高い会社」の株を「激安で買う」ことです。ちなみに、ガッツリ勉強したい方はジョン・バー・ウィリアムズ著「投資価値理論」(1)という本があります。数式ばかりで難しいですが、同書をご参考ください。
 

株式投資は結婚と似ている?

よく、「株式投資は結婚と似ている」と言われます。だから、ここでは結婚にたとえて考えてみましょう。たとえば、あなたが「お金持ちになりたい!」と考えているとします。できれば、「お金持ちになれなきゃ、人生に意味がない」くらいの過激な思想をもった自分を想像してみてください。
 
そんなあなたの前に、何人かの結婚相手候補がいます。あなたはお金持ちになりたいので、「誰と結婚すればお金持ちになれそうか?」と真剣に考えます。このときにまず注目するのが、結婚相手の「財産」と「収入」、「成長性」です。
 
投資先選びは、結婚相手選びと似ている

投資先選びは、結婚相手選びと似ている

 

ポイント1:財産

1つ目の判断材料は「財産」です。結婚で考えてみましょう。あなたが「とにかく手堅くお金持ちになりたい」と考えるなら、財産がたっぷりある相手が望ましいでしょう。
 
たとえば、「借金まみれで、これから定年までローンの返済に追われている人」か、「すでに1000万円くらいの貯金がある人」なら、後者のほうが有望です。株式投資は「企業の一部を買収すること」です。
 
だから、100億円の財産を持っている会社を50億円で買収できれば、かなりお買い得といえるでしょう。
 

ポイント2:収入

2つ目の判断材料は「収入」です。結婚で考えてみましょう。残念ながら、あなたの結婚相手候補には、「すでにお金持ちな人」がいないとします。そんなときは、なるべく収入がたっぷりある相手が望ましいでしょう。
 
たとえば、「年収100万円で生きるだけでも大変な人」か、「年収1000万円で懐に余裕がある人」なら、後者のほうが有望です。これは株式投資も同じです。
 
たとえば、同じ10億円の予算で買収できるとしたら、「利益が1億円」と「利益が2億円」の似ている2社があったら、後者のほうがお買い得だと期待できます。
 

ポイント3:成長

3つ目の判断材料は「成長」です。また結婚の話で考えてみましょう。残念ながら、あなたの結婚相手候補には、「すでにお金持ちな人」も「高収入な人」もいないとします。そんなときは、なるべく「成長できる見込みがある」相手が望ましいでしょう。
 
たとえば、「無気力で働くつもりがなさそうな人」か、「快活で生き生きと働きそうな人」なら、後者のほうが有望です。これは株式投資も同じです。
 
たとえば、同じ利益を出す会社に投資するにしても、「これから衰退の一途をたどりそうな会社」と「まだまだ伸びそうな有望な会社」なら、後者のほうがお買い得といえるでしょう。
 

ポイント4:価格

4つ目の判断材料は「価格」です。また結婚の話で考えてみましょう。幸運にも、あなたは素晴らしい結婚相手を見つけました。結婚の話で終わりなら、「良いパートナーを見つけて、結婚してめでたし」です。
 
ですが、ここでは「私と結婚をしたいなら、お金を払いなさい」と言われたとしましょう。無理やりな設定ですが、ここでは株式投資について説明するのが目的です。だから、この結婚は「特殊なものなのだ」とお考えください。
 
あなたは考えます。「この人と結婚するために、私はいくらまでなら支払えるのだろうか?」「この人との結婚には、いくらの価値があるのだろうか?」この損得勘定をしたうえで、「安い」と思えば結婚をするし、「高い」と思えば結婚を見送るのがよいでしょう。
 
たとえば、10億円の財産を持っている人と結婚するときに、「結婚したいなら1000万円を払え」と言われたとしましょう。1000万円というお金は高いですが、それでも結婚したら「10億円の財産」と自分が紐づくのです。(日本の法律的には厳密には違うでしょうが、ここでは「そういうものだ」と考えてみてください)
 
そう考えると、この結婚は「安い買い物」でしょう。一方、一文無しで借金まみれな人と結婚するときに、「結婚したいなら10円を払え」と言われたとしましょう。10円というお金は安いですが、それでも結婚したら「結婚相手の借金」と自分が紐づきます。これは「高い買い物」でしょう。
 
株式投資もこれと同じです。「会社の財産や収入、成長の一部が自分のものになる」と考えたときに、「株価は高いか?安いか?」を判断する必要があるのです。
 

まとめ

以上が、株式投資に欠かせない4つの判断材料です。「株式投資は結婚と似ている」と考えると、分かりやすくないですか?
 
さらに詳しく株を分析する方法については、これまでにもたくさん記事を書いてきました。ぜひ、本記事とあわせてお読みください。
 
超おいしい高配当株の見分け方
超おいしい株主優待株の見分け方

 
 【参考文献】
  1. 書籍:ジョン・バー・ウィリアムズ, 2010, 投資価値理論, ぱんろリーリング

【関連記事をチェック!】

投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。