Apple Watchの健康管理機能が進化!心電図の測定が可能に

Apple Watchで心電図を記録したり、不規則な心拍を通知したりする機能が、いよいよ日本でも使えるようになりました。Apple Watch Series 4、5、6が対象で、iPhoneを「iOS 14.4」に、Apple Watchを「watchOS 7.3」にアップデートすると利用できるようになります。
Apple Watchを使って心電図を記録できる

Apple Watchを使って心電図を記録できる

心電図を記録できる「心電図」アプリは、米国では2018年から利用できた機能で、インターネットにはこのアプリによって不整脈の一種である心房細動が発見され、「命拾いをした」といった記事も散見されます。日本でもApple Watchそのものではなく、このアプリが医療機器として承認されたことから利用できることになりました。

とはいえこれで病気がわかるわけではありませんので、過度な期待は禁物。実際にセットアップの過程でも、心臓発作などの病気を検知できるわけではないこと、体調が悪い場合は医師の診断を仰ぐことなどが注意として表示されるようになっています。では、この機能で一体どのような情報を得られるのでしょうか。
 

実際にApple Watchで「心電図」アプリを試してみました

新しい機能を利用するには、Apple Watchを使用する前にまず、iPhoneの「ヘルスケア」アプリの設定を行います。

1. アプリを起動して「心電図(ECG)」をタップ
アプリを起動し、「ブラウズ」にある「心臓」から「心電図(ECG)」をタップ

アプリを起動し、「ブラウズ」にある「心臓」から「心電図(ECG)」をタップ


2. 「設定」で生年月日を入力します
「設定」で生年月日を入力します

「設定」で生年月日を入力します


3. 心電図計測に関する詳しい解説や注意事項を確認します
Apple Watchで心電図をとる仕組みや分かることについて、詳しい解説や注意が表示されます

Apple Watchで心電図を取る仕組みや分かることについて、詳しい解説や注意が表示されます


4. 「心電図を取る」の画面が出たら、Apple Watchで「心電図」アプリを起動して測定します
 この画面が出たら、Apple Watchで「心電図」アプリを起動して測定します

 この画面が出たら、Apple Watchで「心電図」アプリを起動して測定します


5. Apple Watchの画面を確認し、計測を開始します
右手首か左手首か、事前に設定されている通りの腕に、Apple Watchが緩みなく装着されている必要があります

右手首か左手首か、事前に設定されている通りの腕に、Apple Watchが緩みなく装着されている必要があります

健康診断などで体験している人も多いと思いますが、心電図は心臓が拍動する際の電気的な変化を記録するもので、病院の検査では安静時に四肢や胸部に電極を取り付けて測定します。一方Apple Watchでは、裏蓋のクリスタルの電極を手首に密着させると同時に、電極の仕込まれたDigital Crownに指を押し当てることで、測定ができる仕組み。30秒同じ体勢でじっとしていると、心拍のリズムの波形が記録されます。

・30秒間待ちます
腕をできるだけ動かさないように、机や脚の上に置いて測定することが推奨されています

腕をできるだけ動かさないように、机や脚の上に置いて測定することが推奨されています
 

記録された心拍のリズムは、心房細動、低または高心拍数、判定不能のいずれかに分類され、画面に表示されます。

・計測結果がApple Watchの画面に表示されます
測定の結果「洞調律」と表示されました

測定の結果「洞調律」と表示されました

心房細動は前述のように不整脈の一種であり、脳梗塞をはじめとした合併症のリスクとして知られています。繰り返し表示されるようであれば、要注意といえるでしょう。アップルによれば、Apple Watchの「心電図」アプリは約600人が参加した臨床試験で検証されていて、「心房細動の分類で98.3%の感度を、洞調律の分類で99.6%の特異度を示した」とのこと。

・測定結果はiPhoneでも確認できます
 
測定結果はiPhoneの「ヘルスケア」アプリに記録されます

測定結果はiPhoneの「ヘルスケア」アプリに記録されます


・PDFにも書き出せます
結果はPDFに書き出せるようにもなっています

結果はPDFに書き出せるようにもなっています

 

不規則な心拍を通知する機能はSEでも利用可能

一方、不規則な心拍を通知する機能は、次の手順で利用できるようになります。「心電図」アプリはApple Watch Series 4、5、6でないと使えませんが、不規則な心拍の通知だけであれば、光学式心拍センサーを備えたApple Watch Series 3やSEでも利用できます。

1. iPhoneの「ヘルスケア」を起動して「不規則な心拍の通知」​​​​​​​の「設定」をタップ
iPhoneの「ヘルスケア」→「ブラウズ」→「心臓」→「不規則な心拍の通知」→「設定」をタップします

iPhoneの「ヘルスケア」→「ブラウズ」→「心臓」→「不規則な心拍の通知」→「設定」をタップします


2. 生年月日などを入力します
生年月日や、医師からの診察された経験の有無を入力します

生年月日や、医師から診察された経験の有無を入力します


3. 「通知をオンにする」をタップして、設定完了です
「通知をオンにする」をタップすると、利用できるようになります

「通知をオンにする」をタップすると、利用できるようになります

不規則な心拍を通知する機能は、バックグラウンドでユーザーの心拍リズムをチェックし、不規則な心拍リズムが検出された際に通知するというもので、アップルによれば最低65分以上の時間をかけて5回の心拍リズムをチェックする仕組みになっているとのことです。

こちらも同様にこれで病気を見つけられるというものではありませんが、通知がきたということは複数回の心房細動があったということであり、Apple Watchを着けているだけでそれがわかるのは、やはり心強いこと。健康管理の一助としてぜひ活用したい機能といえるでしょう。

【おすすめ記事】
キッズケータイとして使えるApple Watch SEの魅力
iPhone 12シリーズ徹底比較!全18通りの選び方まとめ


■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。