結局、40代以上の男女が相性で重視すべきこととは?

アラフォー

人生経験を積み、人生の酸いも甘いも知っているアラフォー以上の男女が、人生のパートナーを選ぶ基準は、若い頃とは随分違ってくるもの。大人の男女が重視すべき相性とは何でしょうか?

 

40代以上の男女が相性で重視すべきこと1:お互いが、相手に苦手なことを強要しない

歳を重ねれば重ねるほど、「どう頑張っても苦手なこと」が分かってくることもの。40年以上生きて苦手だったものを、今更克服することは難しいところもあるでしょう。

だから、パートナーは「自分の苦手なものを理解し、強要しない人であること」が重要になってくるのです。

例えば、アラフォー以上で整理整頓が苦手な人が、潔癖症の人とは共に暮らすことは難しいもの。「どうして片づけないの?」「ほら、ここに物を置きっぱなしにしている!」などと、小言を言うような人とは、3日足らずでも一緒にいられないでしょう。もちろん、それは潔癖症の人からしても、同じです。

大人になって、自分のやることに責任を取れるようになった分、自由に生きられるようになっているからこそ、あれやこれやと口出しされると、鬱陶しくなってしまうもの。

それで言えば、“嫌だと思うところが似ている相手”のほうが楽なことはありますが、それは必須ではないですし、逆に、苦手なことが違うことで、お互いが相手の苦手なことをフォローし合うことができたらベストです。

ただ、そこまで完璧でなくてもいいので、せめて、「お互いが、相手の苦手なことを強要しない」という共通点があれば、それなりにうまくはいくでしょう。

 

40代以上の男女が相性で重視すべきこと2:話が合う(価値観が合う)

個人差はありますが、40代以上になると若い頃のように、「異性を求める気持ち」は薄れてきます。それは、性欲が落ち着いてくるのも原因の1つでしょう。

その代わり、「一緒にいて楽しい人」をパートナーに選びたくなってくるもの。なぜなら、40代以上で今まで独身でいる人ほど、自分1人でも楽しむ術を知っているので、傍にいて楽しいと思える人でないと、一緒にいたくなくなってしまうからです。

「一緒にいると楽しい相手」というのは、趣味が同じであることもポイントになりますが、深く付き合う関係になる場合は、やはり「話が合うこと」が大事です。

そして、「話が合う」というのは、結局のところ、「価値観が合うこと」が重要となります。“たまに会う友達”くらいの距離感であれば、価値観の違いをむしろ楽しめるものですが、“人生のパートナー”という二人三脚で歩んでいく関係の場合は、それによって自分の人生の進む方向が変わってしまうので、価値観が似ていることは、とても大事なことなのです。

例えば、「お金に関する価値観」にしても、夫婦で合わないと快適な生活を送りにくくなる原因になります。もっとスケールの大きな価値観でいえば、「自分と身内さえ幸せであれば問題ない」と思っている人と、「自分や身内だけでなく、周りの人、さらに言えば、日本、そして世界が幸せであることが大切」だと思っている人とでは、話は合わないでしょう。

だから、共に人生を歩む相手の場合は、「人生観が似ているかどうか」が大事なポイントとなってくるところもあるのです。

場合によっては、その価値観の相違が原因で、相手のことを尊敬できなくなってしまうこともあるので、1人で生きていけるような自立したアラフォー以上の人ほど、話が合わない相手とは“一緒にいる意味”を見いだせなくなってしまうことは多いでしょう。

 

40代以上の男女が相性で重視すべきこと3:折り合いを付けられる

ある程度の年齢になると、「自分がどうしたら快適になるのか」を分かってくるし、それに伴い、“マイルール”もできています。そんな“マイルールがある者同士”が深く付き合っていく場合は、「自分は正しい。相手は間違っている」なんて発想はなくし、お互いに譲歩し合い、折り合いを付ける能力が必要となってきます。

例えば、先述の“整理整頓が苦手な人”と“潔癖症の人”が結婚して一緒に住む場合は、無理して“整理整頓が苦手な人”に掃除をさせようとするのではなく、家事代行サービスをお願いして、家の中をキレイに保つことを工夫してみたほうがいいこともあります。

もしくは、はじめから、「別居婚」にすれば、お互いに不愉快な思いをすることなく過ごせるようになるかもしれません。

つまり、相手の欠点を無理に直そうとするのではなく、大らかな気持ちをもって、「どうやってこの問題をクリアできるのか」を考える能力が必要となってくるのです。だから、「こうでなくてはいけない」という頑なな思考を持っている人ほど、柔軟性を持つ必要が出てきます。

なかには、自分なりのポリシーを強く持っていて、相手と折り合いを付けるのが苦痛な人もいます。そういう人は、“わざわざ”パートナーを作る必要はないとも言えます。1人で生きていったほうが幸せなこともありますしね。人それぞれ、“幸せの形”は違うので、自分に合った人生を歩めばいいだけのことなのです。

 

“異性としての魅力”以上に、“人間力”!

40代以上の男女の場合は、相手に対して、“異性としての魅力”以上に、相手の“人間力”を見るようになってきます。恋心は、共に過ごす時間が長くなるほどに薄れてしまうことを分かっているので、“その後も一緒にいられるような相手”を選ぼうとするのです。

さらに1人でも生きていける力のある人ほど、“一緒にいる意味”を見出せる人を選ぶようになります。心を磨いてきた人ほど、最終的には、「どこか尊敬できるところがある人がいい」と思うことが多く、ある意味、「精神の成熟の度合い」が似ている人を選ぶことが多いでしょう。

「40年以上生きてきた結果の“今の自分”と相性が合う相手」というのは、なかなか巡り合いにくいところもあるもの。だから、40代以上の人が見る相性というのは、単に「笑いの趣味が合う」「食べ物の好みが合う」「生活スタイルが似ている」なんてレベルではなく、「たとえ趣味や好みが合わないところがあっても、うまくやっていける人間力があるかどうか」という部分が重要となってくるのです。

大人になればなるほど、「相性の合う、合わない」よりも、「合わせられる柔軟性と、折り合いを付けられる人間力があるか」のほうが大事かもしれませんね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。