2021年のテーマカラーは、希望に満ちた「ゼロホワイト」

main

2021年の色は「はじまりの色、希望のホワイト」(出典:JAFCA


「一般社団法人 日本流行色協会(JAFCA)」が毎年発表している、1年を象徴するカラー。単に流行する色という意味ではなく、ムードを象徴するさまざまなキーワードを包含した「テーマカラー」と言えるものです。

2021年に選ばれたのは「ゼロホワイト  Zero White」。理由として、JAFCAは次のように述べています。

白は、白紙に戻すなど「はじまり」を示す言葉によく使われます。希望を胸に、ゼロから考えるという意味を込めて、「Zero Whiteゼロホワイト」と名付けました。

白は清潔感のある色。ウイルスから身を守る対策を続けていくように、私たちを律してくれると同時に、爽やかな風のように心の中にあるイライラやモヤモヤを洗い流してくれます。

ファッションに白を取り入れて、希望の光が差し込んでくるようなイメージを思い描くと、ポジティブな運気を引き寄せることができるでしょう。今回は、ホワイトのアイテムを使ったコーディネートをご紹介します。
   

1.ブラウンコートのインナーをホワイトに

a

(左)ホワイトのケーブルニットとデニムに、ブラウンコートを羽織ったコーディネート

出典:WEAR(右)ホワイトのセーターとスカートに、ブラウンコートを羽織ったコーディネート 出典:WEAR 


今季は、ブラウン系の色を重ねた「スタバ配色」がトレンドに。この時期は、ブラウンよりもホワイトの分量を多くすると、季節感にマッチした装いになります。

画像左は、ケーブルニットとデニムをホワイトで揃えて、ブラウンのチェスターコートを羽織ったコーディネート。バッグ、マフラー、シューズなどもブラウン系をチョイス。

統一感のある色使いですが、コートのチェック柄、ニットのケーブル柄を取り入れることで、洗練された雰囲気になっています。


画像右はニットとサテンスカートをホワイトで揃えて、ブラウンのノーカラーコートを羽織ったコーディネート。

ニットもスカートもコートも無地なので、パイソン柄のバッグがアクセントになっています。

 

2.カジュアルジャケットでホワイトをまとう

b

(左)ホワイト&ブラックのモノトーンコーデ 出典:WEAR(右)ホワイト&イエローの春色コーデ 出典:WEAR


画像左はホワイトのオーバーサイズシャツとキルティングジャケットに、ブラックスキニーを合わせたモノトーンコーデ。ショルダーバッグとロングブーツもブラックで揃えて、カジュアルでスタイリッシュな印象を引き寄せています。

薄手のジャケットは、ホワイトカラーを選ぶと、春先まで長く愛用できるでしょう。

画像右はイエローのワイドパンツとクルーネックのプルオーバーをセットアップ風に着こなし、ボンバージャケットを羽織ったコーディネート。

ヒップが隠れる丈感なので、パンツでもスカートでもバランスが取りやすいでしょう。

 

3.ニットとパンツの休日スタイルはホワイトを差し色に

c

(左)ブラウン&オレンジの暖色系コーデに、爽やかなホワイトを差し色に 出典:WEAR(右)くすみグリーンとベージュの春色コーデに、まろやかなホワイトを差し色に  出典:WEAR


画像左はブラウンのニットとオレンジ色のコーデュロイのイージーパンツのラフな休日スタイル。

インナーの長袖Tシャツを、ニットの襟、袖、裾から出して、全体のバランスを整えています。ウエストよりも下の位置にホワイトが見えるので、重心が下がり、リラックス感のある着こなしに。白の効果で、くつろいだ雰囲気の中にも清潔感が感じられます。

画像右はくすみグリーンのトップスとベージュのプリーツパンツの春らしい彩りのコーディネート。まろやかなホワイトが差し色になっています。

ホワイトを取り入れることで、すっきりと軽快な印象が生まれるだけでなく、気持ちが明るく清らかに。着こなしに迷ったときは、ぜひ、ホワイトを取り入れてみてくださいね。


【ガイドからお知らせ】
色に関するウェブアンケートを行っています。匿名でご回答いただけますので、ぜひ、ご協力をお願いいたします。アンケートの結果は、今後の記事に活用させていただきます。

2021春夏あなたが着たい色は?

ガイドの最新情報は、TwitterFacebookページをご覧ください。



あなたのお悩みについて、「似た経験をした人」とお話ししてみませんか?
(新サービス事前登録のご案内)

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。

たとえば「夫の不倫が発覚したけれど、どうしよう」「熟年離婚って実際、どうなんだろう」「子供の不登校にどう向き合ったらいいんだろう」「地方移住に興味はあるけれど……」などの悩み・疑問について、同じようなことを経験した・乗り越えた人から直接、話を聞いてみませんか?

日常では出会えない「同じ壁にぶつかった仲間」が、きっと見つかります。

登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。